新しい生物学の教科書 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (3)
  • (10)
  • (48)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 315
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101035215

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 免疫系やアレルギー、がんについての話が詳しく説明されていて面白かった。自分の高校の生物では習わなかったので。ただ、全体としては、面白く興味深い話を面白くなく書いてあるまさしく「教科書」!と言った感じの本。誰か文系の編集者さんがもう少し一般的になるように手助けした方がよかったのでは。なんか惜しい。

  • 大崎Lib

  • 試みとタイトル、中身の難易度にギャップがあり過ぎる。つまり、専門知識を持たぬ読書を置き去りにする部分が何箇所もあり、読みにくい。

  • 勉強になった。

  • 「批判的に本を読め」とはよく言われる読書法だが、それを全てのジャンルの本に適用できるとは限らない。
    生物学に関しては初めて触れる内容も多く、難解。

  • 遺伝というとすべての情報が遺伝子、DNAの中に書かれていると思われがちだが、遺伝子というのは生物をつくるためのパーツ設計図集の様なものではなかろうか。
    著者は高校の生物の教科書を大体理解している人なら半日、そうでない人でも二日もあれば何とかなるだろうと豪語しているが、そんな生半可な本ではない。入門書レベルではあるものの生物学の本は読み慣れていると思う私でも読み流せるレベルの本ではない。元々「教科書にない生物学」という名前の書籍だあったそうだがそちらの方が本の内容にふさわしい。著者が標榜する構造主義生物学という観点から書かれた生物学の本というのが本当のところで、理科系の学問に構造主義はなかろうとも思うのだが、その内容はなかなかおもしろい。
    「ダーウィンのジレンマを解く」という書物があるがこれに近い内容な気がする。主義と言うだけあって少々哲学っぽい。
    曰く「死は進化の過程で獲得された」・・・地球上の大半の生物は死すべき運命にはない
    曰く「進化することは宿命である」生物でありさえすれば、進化は避けがたいことであるのだ。
    かなりハードな内容の本だと思うが、さらに生物学の知識を深化させたいと思わせる本である。

  •  高校の生物の教科書が分かりづらい、なので新しい切り口で教科書の内容を解説しましたという本である。だが、わたしには分かりにくいままであった。結局なにを伝えたいのか、読み手は何を期待しているのかを無視して話はすすむのである。それが教科書だといわれればそうなのかもしれない(笑

  • 専門用語が多く、分かりやすくはないが、面白い生物学の本である。種と進化の関係や相同や形態のところが興味深い。DNAについては、要するに情報だけなので、生命の本質のようにとらえることはまちがいであるとする。連綿と細胞分裂をして受けつがれてきた細胞のしくみの方にDNAの解釈系があり、この解釈系こそ生命の本質なのだという。また、循環や代謝などの「生きている」ことそのものにもっと焦点をあてるべきだとする。生命は生死をくりかえしながら、物質を循環させている。とくに深海に沈殿しているリンを陸上にもってくる魚と海鳥の役割を強調している。ガンは正常な人間の体内でも一日数千個発生しているが、ナチュラルキラー細胞や細胞の自殺機能によって抑制されていること、生命の継承こそが実相であり、「個体は生きている余剰」」であること、環境問題の本質は人口問題にほかならないことなど示唆に富んでいる。

  • 2008年12冊目・・・やたら読みにくかった記憶があります

  • 基本的に硬い感じの文書なのに、たまに本音がちょろっと漏れるあたり、私好みでした。特に「第24章 小学校理科教科書を読む」なんかもう、学術的なことは書かなくて思う存分教科書にツッコミ入れまくっていて楽しい。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年生。生物学者。早稲田大学国際教養学部教授。構造主義生物学の立場から科学論、社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。『ほんとうの環境白書』『不思議な生き物』『オスは生きてるムダなのか』『生物にとって時間とは何か』『初歩から学ぶ生物学』『やがて消えゆく我が身なら』など著書多数。

「2018年 『いい加減くらいが丁度いい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新しい生物学の教科書 (新潮文庫)のその他の作品

新しい生物学の教科書 単行本 新しい生物学の教科書 池田清彦

池田清彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
遠藤 周作
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
レイチェル カー...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい生物学の教科書 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする