働きざかりの心理学 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (24)
  • (51)
  • (75)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 466
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101252223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 劣等感や自己嫌悪の価値
    虫の好かぬ相手は、自分が気づいていない影の部分を拡大して映してくれる鏡のようなものである。
    自分を殺すとしても、それはどのような形で生まれ変わるのか。妥協と協調。
    死にたい人へ。生き方を変えるべきだ。ここで死んで生まれ変わることが必要だ
    精神面も一病息災

    期待してた中年クライシスの記載は少なかったが、精神科医にとって自分にとって実臨床に活きる言葉が多かった。

  • 近代の働き盛りといわれている中年男性の周辺の心情や問題に関して描かれている。
    結構前の本なのに、子供との問題、家族との問題、社会との問題、同僚との問題など、やっぱりいつの時代も
    課題はあんまり変わらない。

    ただ、心に留めておきたい箇所は「教育」で。
    こんなに豊かになった社会で、子どもは親から与えられすぎてしまって。
    自分で一生懸命、欲しいものを選んで買う楽しさや迷いや葛藤。
    友達や先生との喧嘩の中で学ぶ人間関係や倫理感。
    人格を形成する上での貴重な経験を奪ってはないだろうか?という問い。

    大人になれば、欲しいものを自分で買える。誰かを攻撃したりするのは良くないし、思いやる気持ちが大切なのはわかる。
    でも、失敗をさせてあげない、苦痛を味あわせないことは
    実はとっても不幸なこと。
    与えてあげられるけど、あえて与えない、という選択は「愛する」ことなんだよ。
    という内容にハッとした。

    人との関わりの中で、苦しんで悩む期間を経験しなければ、
    人は何かに気づくことも成長もできない。
    障害も無くスムーズに成長することはないんだと、
    カウンセリングの目線から語られていて、読みやすかった

  • 事例としては、今となっては古いものではあるが、時代は変わっても問題の根は共通するものなのかもしれない。
    ただ結局は、ひとつひとつの事例ごとに解決策を見出さなければならず、それも当事者全員が気付かなければいけないことでもあり、簡単ではない。

  • 人間の人生は上昇と下降を同時におこなっているものなのである。生きていることは常に死という裏づけをもっている。若さにものを言わせて、どんどん上昇しているように思っているときでも、それは実のところ死に近づいているのであり、老人になってひたすら体力は衰えてゆく一方であっても、たましいの方は上昇を続けていることもある。 ハッとさせられました。人間って深いなぁ!

  • なんと単行本は昭和56年の刊行。今とは労働環境も社会情勢もだいぶ違うが、それでも読んでいて共鳴する部分が大きいのは、やはり私自身がそれなりの年になったからか。そういえば最近は「働きざかり」という言葉もあまり使わなくなったような気がする。過重労働や過労死を想像させるからだろうか。

    もっとも、本書の「働きざかり」は、単にたくさん仕事をしている人を指しているわけではない。むしろ中年という年齢層をターゲットにしているといったほうがよさそうだ。著者によれば中年期とは、人生の折り返し点。それゆえに迎える危機はいろいろあるが、青年期や老年期に比べ、その重要性はあまり指摘されてこなかった。

    中年の危機は仕事だけではない。それは夫婦の危機、親子の危機、社会の危機にもつながっていく。本書ではこの時期を「思秋期」と呼ぶが、この頃になると、そろそろ人生のターニングポイントを迎え、「死」という厄介なものに向き合わざるを得なくなる。しかもこの年代の親の子は、これまた「性」という厄介なものに向き合うことになる「思春期」真っただ中だったりするわけだ(もっとも最近は晩婚化の影響か、むしろ親の初老期が子の思春期と重なったりするようになっているが)。 大人としての対応を求められ、職場では平社員から管理職に移行し、家庭では中学生頃の子どもと向き合わなければならない。孔子は「四十にして惑わず」と言ったが、実際は惑いっぱなしというのが正直なところだ。本書はそんな「中年期」「思秋期」の過ごし方について、マニュアルを提示する本ではない。むしろそれぞれが自分なりの中年期に向き合い、時に傷つき、悩むことが必要だと説く。人生の後半戦をいかに迎えるべきか。本書はそのことを考えるための、重大なヒントに満ちている。

  • 34816

  • (86)

  • この本が書かれたのは1980年前後らしいけど、人が抱え問題は現在と全く同じだ。

    中でも素晴らしい洞察だと思ったのは、「場の倫理と個の倫理」について。

    場の倫理を優先する日本人は場(会社であったりTwitterのクラスタで会ったり)の中で脱落者を作ろうせず、そして同じ器の枠外の人や出来事には全く興味がない。(ある意味、平和運動やヘイトスピーチも似ている)

    しばらくは河合隼雄さんの本を読んでみよう。

  • 時間があれば

  • 1998.6.29~ 7.7 読了

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

河合 隼雄(かわい はやお)
1928年6月23日 - 2007年7月19日
兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)出身。京都大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。文化功労者。元文化庁長官。1952年京都大学理学部数学科卒業後、京都大学大学院で心理学を学びつつ、数学の高校教諭を兼業した。
天理大学で助教授時代にユング研究所に滞在し、ユング派分析家の資格を取得。日本における分析心理学の普及と実践に邁進。箱庭療法導入者としても知られる。欧米の心理療法を日本文化に根ざす仕方で導入を試みており、日本論・日本文化論の著作も多い。
主な受賞歴に、1982年『昔話と日本人の心』で大佛次郎賞、1988年『明恵 夢を生きる』で新潮学芸賞、1992年日本心理臨床学会賞受賞、1996年NHK放送文化賞をそれぞれ受賞。1995年紫綬褒章、1998年朝日賞、2000年文化功労者顕彰。
なお2012年に一般財団法人河合隼雄財団が設立されており、そこで本人の名を冠した「河合隼雄物語賞・学芸賞」が設けられている。

働きざかりの心理学 (新潮文庫)のその他の作品

働きざかりの心理学 Kindle版 働きざかりの心理学 河合隼雄

河合隼雄の作品

働きざかりの心理学 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする