三匹のおっさん

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (12)
  • (21)
  • (9)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 314
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103018759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 有川浩さんは恋愛小説のイメージが強かったが、ほんさくはちがった。おじさんが主人公という小説はなかなか珍しいのではないだろうか。パワフルなおっさん達に惹きこまれた。

  • 流行りものを今頃。イラストがすごいイイなー!と思ったら、作家さんが直々にリクエストした漫画家さんなんだね。

  • 還暦を過ぎた幼馴染みのおっさん3人(キヨ・シゲ・ノリ)が、世の悪事を成敗しようと夜回りを始めるお話。見どころは、キヨと孫の関係が徐々によくなるところと水戸黄門ばりに成敗する場面。後、お約束の甘甘の恋愛話も期待通り。

    有川浩さんの作品を読み終えた後はいつもほっこりするした気持ちになれます。( ´ ▽ ` )ノ

  • キャラクターが個性的で面白い。

  • アラ還のキヨ、シゲ、ノリとキヨの孫の祐希とノリの娘の早苗。みんなキャラが立ってて面白い!
    それにしてもスゲーな、三匹!

  • 面白い

    スカッとするおっさんの活躍

    祐希をどんどんすきになっていく

    ふただびを読むのがいまから楽しみ

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

高知県生まれ。2004年『塩の街』で「電撃小説大賞」大賞を受賞し、デビュー。同作と『空の中』『海の底』の「自衛隊』3部作、その他、「図書館戦争」シリーズをはじめ、『阪急電車』『旅猫リポート』『明日の子供たち』『アンマーとぼくら』等がある。

有川浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×