必要になったら電話をかけて

  • 中央公論新社
3.60
  • (14)
  • (19)
  • (45)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120030505

作品紹介・あらすじ

早すぎる死から十余年、静かに眠り続けていた幻の原稿、ふたたび聞こえてきた、あの、レイの声…レイモンド・カーヴァー未発表短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 薪割り、夢、破壊者たち、必要になったら電話をかけて、どれを見たい?

  • 情緒的。飲みながらぼんやり読むのが良い。

  • 2010/06/12

  • はじめてのカーヴァー。タイトルに惹かれて。以来、カーヴァーがすきになった。

  • £1.50

  • 大学生は一番充実していたし
    きちんと大学へも通ったし
    精神的に最も安定して幸せな時間だった
    だからか?だからのような気がする
    本をあまり読んだ記憶がない

  • カーヴァーが労働者階級なのか、どうにも救われない感が付きまとう作品たちであるのに、ピリリとしたスパイスがちりばめられていて、つい読み返してしまう。

  • 神でした

  • 読みやすさ・シンプルさの中にあるリアルさっていうのがいい。

  • 実は好き

全19件中 1 - 10件を表示

レイモンド・カーヴァーの作品

ツイートする
×