盤上の向日葵

著者 :
  • 中央公論新社
4.01
  • (80)
  • (189)
  • (63)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :966
  • レビュー :150
  • Amazon.co.jp ・本 (563ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120049996

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実業界の寵児で天才棋士、上条桂介。 彼は本当に殺人犯なのか! ? 伝説の将棋駒はなぜ白骨死体と一緒に埋められていたのか?そして、この死体は誰なのか?

    駒の持ち主を探しながらじわじわっと真相に迫ってくる刑事たちと、親に虐待され将棋だけを生きる支えとしてきた孤独な棋士との物語が交互に描かれていく。

まさかこの作品でゴッホと出会えるとは。命を削るように絵を描いたゴッホ、命を削るように将棋を指した桂介と東明。どうしてみんなこんなに不器用な生き方しかできなかったのか…

    唐沢さんの優しさが好きだった。あの時、あの時もっとと悔やまれて仕方ない。

    誰が犯人という話ではなく、桂介が生きてきた道、桂介の中に流れている血、桂介の背負ってきた孤独を感じて欲しい。

    将棋ミステリーだけあり、棋譜が丁寧に書いてある。将棋のわかる人はさらに楽しめるだろう。私は駒の動かし方しかわからないので、最初は読みづらかったけど、段々血が滾るような彼らの熱い戦いが伝わってきて、勝負の行方に手に汗握った。

    将棋の駒を指す時の美しい手、パチンっと響く音が好き。将棋の駒が死体と埋まっていた理由がわかった時…。柚月裕子さんらしい重厚な人間ドラマだった。

    • 杜のうさこさん
      けいちゃん、こんばんは~♪

      この本、本屋大賞ノミネート本だよね。
      私もこの本読んでみたいんだけど、やっぱり将棋に詳しくないと難しいのかな?
      私もどうにか駒の動かし方がわかる程度です。
      はさみ将棋は得意なんだけどね~(違う!笑)
      でも、ずっと将棋や囲碁を習ってみたいなと思ってて、
      背筋をピンとのばして正座して、パチッ!
      あの静謐な感じがすごく好きで、NHKの解説番組たまに見たりもしてるんだけど、難しくて。

      最近ノミネート本、一冊読んだの。
      でも、私には合わなかったみたいで、リタイアしてしまった…

      それと、♡マーク押し忘れてた!ごめんね!
      新しいシステム、なんだかまだ慣れないわ(>_<)

      では、またね~(^^)/
      2018/03/18
    • けいたんさん
      うさちゃんへ♪

      こんばんは(^-^)/

      最近ネット環境がよくなくて…集合住宅なので色々あってプロバイダーを変えたのでね。これからどんどんよくなって行くって旦那さまの言葉を信じて頑張るわ!
      お返事遅くなる時もあるけどこれからもよろしくね(*'-')ゞ

      この本はね、将棋も大事だけど、主人公の人生がメインだから、将棋がわからなくても問題ないよ(⁎˃ᴗ˂⁎)
      ただ私もうさちゃんもイメージを大事にする方でしょ?
      読みながらその場面を頭で描く。それをすると時々寝るね(笑)
      NHKの解説で棋譜を言ってるでしょ?
      それが結構長いし多いんだよね。
      その盤がイメージ出来たらきっと面白さは倍増するとは思うけど、試合の緊迫感は十分伝わってくるので大丈夫だよ。
      うさちゃんの好きなパチンッもきっと聞こえてくるよ。
      私もはさみ将棋した事あるけど、もう全然覚えてないよ。面白かった事は覚えてる。

      わぁ、本屋大賞ノミネート本で合わなかったのってどれだろう?
      うさちゃんがリタイアなんて珍しい。
      私、たぶん読まないだろうと思っているのが「星の子」と「崩れる脳を抱きしめて」で、迷っているのが「騙し絵の牙」と「屍人荘の殺人」です。

      新システムにいつの間になったのだろう(笑)
      ♡マーク気にしないで。
      私はうさちゃんの感想わざとひとつ♡マーク押してないから。
      今度またゆっくりコメントさせてもらいたいので。

      私も今アウシュビッツを読んでいて凄く考えさせられてる。
      今までで1番リアルかもしれない。
      分厚いのでまだ1週間はかかりそうです。

      それでは、またね〜
      いつもコメントありがとう。
      2018/03/20
  • 柚月裕子さんの本を初めて読んだのは『最後の証人』で2017年1月のこと。
    『盤上の向日葵』で8冊目になる。

    ”盤上”というタイトル通り、将棋の世界を舞台にしたミステリー。
    天木山山中で発見された白骨死体の手には将棋の駒。
    駒は初代菊水月作の名駒、錦旗島黄楊根杢盛り上げ駒。
    犯人を追う佐野と石破。
    佐野はかつて奨励会に属し、プロ棋士を目指していた。
    名駒からたどり着いた容疑者とは…

    この作品は2015年8月から2017年4月まで「読売プレミアム」に連載されていた。
    ということは、藤井颯太くんの活躍よりも前のこと。
    今ほど、将棋が注目されていなかったのではないだろうか。
    そのことを知って、改めて柚月さんって凄さを感じる。

    本の中に将棋を指すシーンが度々ある。
    将棋を知っていれば、さらに楽しめたと思う。
    生憎私は将棋のことを全く知らない。
    映画「聖の青春」と「3月のライオン」を見たくらいのこと。
    それでも勝負の緊迫感は十分に感じることができる。

    タイトルにもある”向日葵”。
    いくつもの意味があるのだが、その一つがゴッホの”向日葵”だ。
    先日、原田マハさんの『たゆたえども沈まず』を読み、ゴッホの生涯に胸を震わせたばかり。
    『盤上の向日葵』にもゴッホが登場し、その偶然に胸がときめいた。

    560ページあまりの束の本だが、ページを繰る手が止まらなかった。

  • 将棋に憑かれた男達の生き様死に様。
    辿り着きそうで、まだ霞がかった真相を掴みたくて、止まれない。
    まさに一気読み以外できないミステリー。
    圧巻の560P超、あっという間に読める。

  • 将棋青年の物語。駒の行方も追いながらも、息もつかさず最後まで読み進めました。力が入っちゃいました。将棋の魔力に取り憑かれてしまった将棋の世界の人々でした。いつ犯人にたどり着くか、そして死体は誰か。楽しめました。真剣師の気迫はビシビシと伝わりましたが、向日葵のところと犯人の心の内はあと一歩のところかなと。そこのところ、個人的にはもう少しドロドロしたものが欲しかった。いやでもまあ充分満足の一冊。
    将棋の知識がなくても楽しめるけれど、知識がある人がより一層なのではないかな。

  • どうして冒頭のシーンに至ってしまうのか。そこまでの歩み、将棋の面白さをじっくり読ませる。ある程度、事件の構図は見えてくるので、ミステリというより、ひとりの棋士の人生を描く。読み応えがある。
    真剣師たちの厳しい勝負。手の読み合い。将棋に詳しくなくとも、対局の流れや興奮が伝わってくる。
    変わり者の石破と、振り回される佐野の、刑事コンビも面白かった。

  • んー!面白い!柚月小説はホントに厚い、いや、熱い!
    警察小説と将棋小説、両方の面白さがぎゅぎゅっと濃く煮詰められている。犯人捜しよりその意図、そして意味に興味を惹かれとにかく読み続けるしかない。徐々につながってく線、明らかになる背景、あぁそういうことだったのか…と思わず目を閉じる。
    救いのないラスト、だけどあの瞬間全てから解放されたのだな、と深いため息をつく。
    これを読むと、真剣勝負、という言葉の本当の意味を知る。そして将棋を指したいという気持ちと、将棋を指す恐ろしさを同時に感じる。

  • 折しも世の中は空前の将棋ブームだという。
    藤井聡太六段の活躍を報じるワイドショーを見ているうちに
    駒の動かし方さえ覚束ない私でも
    プロ棋士になる難しさや、奨励会についての知識など、いつの間にか得てしまっている。
    だけど、そちらが将棋界の表側ならば
    もうひとつ、賭け将棋で生きる真剣師と呼ばれる人たちの存在があることを
    この本で初めて知りました。
    全身全霊、命までかけて将棋をする男たちの姿は
    読んでいて、思わず息をするのも忘れてしまうほど。
    主人公の天才棋士、桂介君が
    どうか幸せになれますようにとずっと願いながら読み続けました。
    彼をこれほどまでに夢中にさせた将棋の面白さも奥深さも、私には到底わからないけれど
    将棋によって救われ、将棋に憑りつかれ、
    喜びも悲しみも将棋盤の上にあった彼の人生の切なさが
    ヒシヒシと伝わってくるのでした。

  • とても面白かったです!
    これは映像化必至だと思います。
    というか、映像化して欲しい!!
    読み始めたきっかけは本屋大賞ノミネートという事だけでした。
    正直、読みにくそうな本だなと思ったのとページ数の多さに圧倒されたのですが…
    読みにくいどころかむしろとても読み易く時間が経つのを忘れて夢中で読んでいました。
    読むと言うより観るに近い感覚かも。
    それと、登場人物達が色々な意味でみな魅力的でした。

  • 半年ぶりの柚月作品。
    藤井四段の出現で、まさしく世の中、将棋ブームが到来している中での出版。初出はもっと前になるが、かなりのタイミングの良さを感じる。
    ストーリーもミステリーと言うより、1人の棋士の物語であり、500ページを超える作品ながら、一気に読ませる作者の力量はさすがとしか言いようがない。将棋に詳しくなくても、登場人物それぞれの人間模様はきちんと伝わってくる。
    始まりこそ、刑事たちが犯人を追い詰める為に山形に降り立つところから始まるが、この作品は将棋に魅了された男たちの物語。ラストで事件の真実が明らかになった時は、かなり切ない。

  • 私も将棋が好きなので、期待していましたが・・

    本に登場する真剣師のキャラ造形は小池重明ですよね、金や女にだらしないが将棋はめっぽう強い、プロ棋士にも平手で何人にも勝ち、プロ入りの話もありましたが、あまりに素行が悪くて白紙になったというエピソードは有名です。

    タイトル戦の白熱した対局も、二歩という反則手で決着というのでは興ざめです。

    それと本筋に関係のない描写が過剰で、何らかの伏線になるのかと我慢して読んでも結局肩透かしを食らうだけというのもちょっと。

    さらに、向日葵(ひまわり)が象徴的に何度も出てきますが、効果的だとも思えない・・

    小説の素材自体はよかったのですが、素材を活かしきれない残念な料理を食べさせられた気分でした。

全150件中 1 - 10件を表示

盤上の向日葵のその他の作品

盤上の向日葵 Kindle版 盤上の向日葵 柚月裕子

柚月裕子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盤上の向日葵を本棚に登録しているひと

ツイートする