幻想と怪奇 2 (ハヤカワ文庫 NV 119)

制作 : 仁賀 克雄 
  • 早川書房
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150401191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以下私が印象に残った作品
    「それ」シオドア・スタージョン
    SFかと思いきや…意外な展開。あんな恐ろしいものを見てしまった少女がおかしくなってしまったのもさもありなん。
    「ルーシーがいるから」ロバート・ブロック
    作者の得意な…というとネタバレか?
    「トランク詰めの女」レイ・ブラッドベリ
    ホラー⇒スリラー⇒推理物と三段階で楽しませてくれる傑作だと思った。
    「裁きの庭」デビッド・イーリィ
    呪われた絵の話。終盤たたみかけるように怖い。

  • 幻想怪奇小説アンソロジー。だいたいの作品はホラーと言っていいと思うけれど、ちょっとユーモラスなものもあったりも。
    お気に入りはリチャード・マシスン「こおろぎ」。これが一番恐ろしい物語でした。パトリシア・ハイスミスの「かたつむり」もまあ怖かったけれど。こおろぎの大群の方が怖いなあ。
    クリフォード・D・シマック「埃まみれのゼブラ」も面白かった。これは不思議な話、なんだけどユーモラスでもあって。最後の一文には思わず吹き出しました。なるほど、たしかにそれは一番気になる!

  • 恐いのがイヤなので、各編の前に添えられた作品説明は役だった。それでも数個の地雷を踏んでしまった。ざわざわ

  • 巨大カタツムリやこおろぎの群れ、ユーモラスな異次元との物々交換や少女と教師の交流を描いたファンタジーなど11。

全4件中 1 - 4件を表示

ロバート・ブロックの作品

ツイートする