秘本三国志 (4) (文春文庫 (150‐9))

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (22)
  • (15)
  • (33)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167150099

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1983.03.17読了)(1983.03.03購入)
    (「BOOK」データベースより)
    天下を制するのは、すでに曹操と袁紹に絞られた。曹操のもとに亡命していた劉備は、曹操との密約に従い、袁紹陣営に走る。官渡の戦いで袁紹軍に勝利した曹操。一方、荊州に拠った劉備は、権謀術数の士を求め、「三顧の礼」をもって、軍師に諸葛孔明を迎える。

    ☆陳舜臣さんの本(既読)
    「秘本 三国志 一」陳舜臣著、文春文庫、1982.07.25
    「秘本 三国志 二」陳舜臣著、文春文庫、1982.07.25
    「秘本 三国志 三」陳舜臣著、文春文庫、1982.08.25

  • 「私は運命を信じません」若者は断乎として言い放った。「人間の力は、運命にうち克つべきです」
    天下統一を前提にして、それまでのあいだ三分して、人民がらくに暮らせる安定した状態をつくりだす。
    諸葛亮孔明が展開する、天下三分の計の論旨です。

    実は曹操と劉備が、地下同盟を結んでいたことがベースとなっています。
    そして、本篇で劉備のブレーンたる孔明が登場し、曹操と劉備が決裂します。
    劉備と孔明の出会い、三顧の礼については、さらっとしか書かれておらず、ちょっと拍子抜けな感じでした。

  • 神戸などを舞台とした作品です。

  • ・片想いだらけの呂布陣営
    ・曹操と劉備の地下同盟
    ・健気で格好良いとうとん

  • 三国演技をベースとした物語が多い中、この小説は『正史三国志』をもとに書かれた名作である。蜀の劉備陣営ではなく、魏の曹操陣営を中心に描かれている点も面白い。
    第4巻にて劉備は軍師・諸葛孔明を陣営に迎える。そして、その直後に曹操が荊州を攻め、劉備が荊州を去るところまで。

  • 三国志モノで、目から鱗、陳 舜臣氏にはまるキッカケとなったシリーズ。
    曹操のファンになり始めたのも、これがキッカケ。
    でも、孔明一番は変わらず〜

  • 平成19年3月7日読了

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1924年-2015年。神戸市生まれ。大阪外国語大学印度語部を卒業し、終戦まで同校西南亜細亜語研究所助手を務める。61年、『枯草の根』によって江戸川乱歩賞を受賞し、作家活動に入る。その後、93年、朝日賞、95年には日本芸術院賞を受賞する。主な著書に『青玉獅子香炉』(直木賞)、『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』(日本推理作家協会賞)、『実録アヘン戦争』(毎日出版文化賞)、『敦煌の旅』(大佛次郎賞)、『茶事遍路』(読売文学賞)、『諸葛孔明』(吉川英治文学賞)、『中国の歴史』(全15巻)などがある。

「2018年 『方壺園 ミステリ短篇傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秘本三国志 (4) (文春文庫 (150‐9))のその他の作品

陳舜臣の作品

ツイートする