Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (2) (秋田文庫)

著者 :
  • 秋田書店
3.82
  • (94)
  • (58)
  • (145)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 926
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253169820

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラックジャック先生が居てくれたらな、と時折思います。病院の誰も居ない廊下で心細くなった時とかに不意に思い出します。弱者に寄り添う義理堅い先生は、如何に作中で気味悪がられても、私含め様々な人にとってのヒーローです。
    この巻は「おばあちゃん」「助け合い」「友よいずこ」等、個人的に特に好きなエピソードが収録されているので、色々な人につい薦めてしまいます。

  • 邪推だわ シャチ狩り 口から真珠を出して 入試に落ちたんです。でも…生きるか死ぬかなんてこういうことをいうんですね! 自分の命より紙切れの証文の方を大事にするお方揃いのようだ 十八歳だ…いや〇歳かな ネクローゼ=壊死えし 植皮しょくひ かけがえのない友達の皮膚 アルジェリアで自然保護運動のグループが暗殺されました そのうち一人は日本人の混血で 冷凍手術 尿道結石 既往症 流れ作業 神業 枕を高くして眠れんのだっ…!トレビアン=素晴らしい 鍼療法 あの人の指は世界の宝 指の凍傷は悲観的です… となかい馴鹿の脂身 一つのバイオリンと三本の指とが静かに眠っている 合成繊維 畸形腫 元々完全じゃないピノコの精神は… 大した奴だな…簡単に五人も死なせるなんてコッチは…一人助けるだけで精一杯なんだ… 座頭医師 海外へ出奔しゅつほん 押し付けがましくない温かさ 赤髭物語 人間のある種の精神的な強さを信じたいのである 「そもそも医学とは何なのか?」という作者の問題意識の表れと見るべきだろう ブラック・ジャクはハードボイルドなのだ、と僕は思っている 永井明

  • ブラック・ジャックの優しさとか、恩を大切にする気持ちが伝わってきた。ベストを尽くそうとする気持ちも。最善を尽くしてもうまくいかないこともあるけれど、それをしっかりと受け止めて行けることが、大事なんだろうなぁ。苦しみを知る人が、他人の苦しみも理解する。ブラック・ジャックの過去は、確実に彼を支えている。

  • ブラックジャックのピノコにみせる家庭らしいぬくもりと、患者に対峙するときの厳しいまなざしの対比が良い。

  • うん?1巻より格段にストーリーの出来が良い。
    哲学めいた話、お茶目な感じ、人情噺、ハードボイルド等々色んな要素が散りばめられていて、キャラが動き始めたのかな?
    もしかすると時系列に収録された作品ではないかもしれないが、その場合は単なる当方の勘違いということで。

  • すごい技量を持ってしても助けられない命もある。

    かつての治療費を払い続ける「おばあちゃん」が良作。

  • 針:人間の自然治癒力
    おばあちゃん:旦那さんはよかれどあんな大きな決断を一人でされた奥さんはたまったもんじゃない ちょいちょいBJ先生は金から引き離せない
    シャチの詩:トリトン 動物ものは涙腺決壊
    三者三様:人生の教訓 目先のことがすべてだと思っちゃいけないなあ
    地下壕にて:人間の欲は地下深い
    ダーティ・ジャック:なぜダーティ トンネル内の懸命な判断
    友よいずこ:地球の医者はもはや人類の死なのかもしれないよねタカシくん
    誘拐:頭いいなあ ナイフ投げBJ ピノコ
    流れ作業:医療は金をとる慈善行為だけど、それだけじゃない
    助け合い:恩義に忠実 死ぬのが仕事だなんておそろし
    ストラディバリウス:生きる上で大切なものは肌身離さずにいること
    ハッスルピノコ:子育てに苦労するBJパパ
    病院ジャック:殺すは簡単 生かすは苦難
    座頭医師:「わたしは慈善を売り物にする人間は虫が好かない」医療はビジネスだと言っているようなもの その通りです でも慈善されて嫌がる人はいない

  • 2016/01/16

    針/おばあちゃん/シャチの詩/三者三様/地下壕にて/ダーティ・ジャック/友よいずこ/誘拐/流れ作業/助け合い/ストラディバリウス/ハッスルピノコ/病院ジャック/座頭医師

  • 寂しくて切なくて孤独な人だ。

  • 「生命とカネ」がメインテーマになっているが、そこに「正義」が絡むとやや説教臭くなる。好みの問題だろうけど。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (2) (秋田文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする