砕かれた大地に、ひとつの場処を---アナレクタ3 (アナレクタ 3)

著者 :
  • 河出書房新社
4.00
  • (6)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309245645

作品紹介・あらすじ

テクストを繊細に紡ぎ出す手仕事から、震災を経て革命と民主制の根源的な問いへ。狂熱とユーモアを同時に携えた、統治の"藝術"をめぐる強靱かつ寛容なる思考の轍。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ずっと読みたかった1冊

    佐々木中の文学論、文藝論を垣間見ることができる。同時に猛烈な読書欲に襲われました。早速、昔に読んだ『カフカ短編集』を本棚から漁り、読む。

    内容は、著者の講演録や対談録がメイン。
    個人的には章末の「砕かれた大地に、ひとつの場処を」「屈辱ではなく恥辱を」に惹きつけられた。
    今の自分の生き方、考え方。そして未来での在り方について視点を、意識を向けさせてくれる。
    世の真理を、痛快に指摘する1冊。

  • 朝吹真理子さんとの対談の、朝吹さんの発言が削られている…なぜ?ないと余計読みたくなります。円城さんとの対談と、革命と民主制について書かれた最終章が面白かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1973年青森県生。哲学者・理論宗教学者・作家。東京大学文学部卒業、同博士課程修了、博士(文学)。主な著書に『定本 夜戦と永遠』(上・下)『切りとれ、あの祈る手を』『九夏前夜』『踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ』他多数。

「2016年 『戦争と一人の作家 坂口安吾論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木中の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
クラフト・エヴィ...
村上 春樹
高橋 源一郎
朝吹 真理子
円城 塔
有効な右矢印 無効な右矢印

砕かれた大地に、ひとつの場処を---アナレクタ3 (アナレクタ 3)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×