図説 古事記 (ふくろうの本)

著者 :
  • 河出書房新社
2.82
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309761145

作品紹介・あらすじ

最古の史書を現代語で読む-あらすじ古事記+神話の時代を写真がとらえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 篠山紀信写真と記載があったので期待を持って図書館から取り寄せ
    712年元明天皇の勅命により太安万侶による日本最古の歴史書
    風景や建築物が解説とともに見開きで美しい
    できるだけ平易な言葉で説明を試みられている
    全国各地それぞれのゆかりのある場所へ訪れたくなった

  • ふむ

  • とりあえず古事記の概要を知るために読みました。その目的には十分役立ちます。

  • まあ可もなく不可もない古事記の解説書で……写真はちょっと文章と合ってない気がする。導入や解説書としてはいいと思います。自分はあまり使用しなかった。(手放した)

  • 写真が綺麗

  • 写真は古事記にかかわりのある地の雰囲気がとてもかもし出されていましたが、どうもこちらの視点と違う細かい部分が写っていないのが残念。内容はわかりやすいように整理されてはいました。
    一度読んでおくと、とっつきやすくなるかも。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1958年生。東京学芸大学教授。専門は日本文学、民俗学、口承文芸学。『遠野物語の誕生』(ちくま学芸文庫)など著作多数。

「2022年 『沖縄文化論集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井正己の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×