田中角栄の呪い―"角栄"を殺すと、日本が死ぬ (カッパ・ビジネス)

著者 : 小室直樹
  • 光文社 (1994年2月発売)
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334011444

田中角栄の呪い―"角栄"を殺すと、日本が死ぬ (カッパ・ビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  為政者が倫理的にふるまえば洪水も旱魃もたちまち退散すると期待していないか。為政者は無制限の悪と暴力を行うことが正しいとされる明確な認識を前提に制度が組み立てられているか。職務に忠実であるほど社会の仕組みが汚職を必要としていないか。規範が守られていないだけか規範そのものが融けてしまってはいないか。全体のなかから個人が抽出できているか。

    『ここで刮目する(目を見開いてみる)に値するのは、「普通の人間には許されないことでも、とくに大きな働きをする人になら許される」という、まさにこの考え方である。』191頁

全2件中 1 - 2件を表示

小室直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

田中角栄の呪い―"角栄"を殺すと、日本が死ぬ (カッパ・ビジネス)はこんな本です

ツイートする