She Is Wind―彼女は風のように (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.81
  • (6)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334749071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 喜多嶋作品には珍しい戦争を背景にした青春小説。ただ、作者もあとがきで述べているように、ヒロインの生き方は「凜」としている。
    「Study to be quiet」穏やかであることを心がけよ・・・。全ての物事に通じるいい言葉だと思う。

  • 風が吹き抜けていった様なさわやかな気持ちになれる本です。

  • 心地良い読了感。久しぶりに、クラブを握りたくなりました。

  • 1946年の戦前から戦後の時代にゴルフに人生を学んだ少女のお話。

    イギリス スコットランドで父から教わったゴルフ。
    ビー・フェア。つねにフェアであれと教えられた可奈は
    いつもそれを心にフェアに生きてきた。

    喜多嶋隆の小説に出てくる女性はいつも清々しく気持ちいい。
    濁とすることを良しとせずに、凜と生きる。
    そんな姿を目にすると自分の背がしゃきっとのびる気がする。

    いつもは簡潔すぎるぐらいの文章だが、今回は多少、小説らしい
    文体でしっかり読ませてくれた。

  • 2011年3月20日読了。
    1940年代、戦時中の日本人を舞台にした喜多嶋さんにしては珍しい作品。
    と言っても、ヒロインの不器用なまでの真っ直ぐさは変わらず。
    最近はゴルフや釣りを通して描かれることが増えてきたけれど、少女ライカのような写真や広告の現場を扱った作品が懐かしいですね。
    フェアに穏やかであれ、というテーマは現代の日本人に対する著者からのメッセージなのだと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

She Is Wind―彼女は風のように (光文社文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする