三毛猫ホームズの夢紀行 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.45
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤川次郎さんの本を初めて読んでみたが、息もつかせぬ展開で、殺しあり、恋愛あり、エロあり、でとても面白かった。

  • 時代が変わって片山がいつの間にか携帯を持っていたりするのだけど、それでも変わらない、三毛猫ホームズの世界。ホームズはどうやって写真を撮ったのだろう……

  • 三毛猫ホームズシリーズ第48弾。

    ミステリー的には荒唐無稽、ご都合主義と思いますが、時代を反映した問題提議、作者の考え方が盛り込まれていて、それなりには書き続けられる意味はあると思います。
    また、時代背景は進んでいるのですが、サザエさんやちびマル子ちゃんのように登場人物の時間が止まってしまっているのは懐かしさともに安心感があります。
    もう、ファンの人たちしか読み続けていないと思いますが、今後も作者と登場人物の活躍を期待したいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

三毛猫ホームズの夢紀行 (光文社文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする