縄文人の世界観

著者 :
  • 国書刊行会
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336060006

作品紹介・あらすじ

見るものの心を激しくゆさぶる不思議な造形の土器や土偶にこめられた意味とは。認知考古学・脳科学・心理学・神話学・文化人類学・宗教学・民俗学などの諸学問の知見を援用し、シンボリズムとレトリックを鍵に縄文人の世界観を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縄文人、同じ時代のソクラテスやプラトン、そして現代人、その脳に何一つ違いはない。人間は合理的思考と非合理的思考を併せ持ち巧みに使い分けてきたけど、縄文人の思考的基盤は非合理的思考にあったと。<考古学者 見てきたような 嘘を言い>(川柳)w 縄文人の世界観は、月と女性から生まれてるようです。縄文土器、土偶、遺跡などから、縄文人のシンボルは月、水、子宮(女性)、蛇などであり、いずれも再生、不死のイメージだと。縄文人のレトリックである誇張と隠喩も土器や土偶からそれらの装飾が読み取れます。大島直行・縄文人の世界観

  • 縄文人の世界観 大島直行 国書刊行会

    納得できる最後の七章を先に読むことをおすすめしたい
    その後で本文に入れば飽きずに読み通せるだろう
    現代の物的競争世界の価値観を当てはめて解釈するのではなく
    1万年という単位のギャップを飛び越えて思いを馳せ
    読み解いていくという姿勢で
    大胆に踏み込んだ発想にも共感をおぼえるし
    資料も揃っていて読み応えもある
    不死・再生・誕生・命の蘇りとそれを育む子宮につながる
    満ち欠けの周期を持つ月と羊水をイメージした水と脱皮するヘビ
    などを通して精神性を求めたという説からなる
    これをシンボリズムとレトリックという観念を使って
    対等に縄文人の謎に迫ったということにも同調できる
    又貝塚をゴミ捨て場とみず
    再生を願う祭祀場と考えることにも同意する

    更に所有に陥っている現代社会は物欲に特化した
    格差という絶対の権利を主張する必要があり
    自然摂理の補い合う全体観に包まれた環境に集う縄文人とは違い
    普遍のシンボルである絶対的権威の象徴である太陽こそが
    権力社会にとって重要な役割と成ると著者は言う
彼らは美や哲学を創造しているのではなく
実を求めて「効き目」を追求しているのだとも言う

    知識も幅広く知的な内容だといえるのだけれど
    そのくせ既成概念の抵抗が強いせいか
    多様な全体観に結びつかない独善性が気になる
    あまりにも思い込みが強いのか兎も角ひつこくクドイ
    体制となっている学会の意見の違いを
    攻め立てる姿勢にも辟易となる
    この本の要点だけをまとめれば三分の一の厚みで収まるだろう
    多様性に欠ける業界に物申す一つのアンチテーゼととらえて読めば
    面白く読めるのかもしれない

    彼自身が言う「考古学者見てきたような嘘をつき」を
    自らはまり込んでいるようにも思える

    写実的な表現は物的価値観に必要な技術であった
    支配という神意識のない対等な関係にある縄文人には意味が無いことで
    ひたすら再生を願い神話的世界をレトリカルに表現することが
    重要だったとも読み解く

  • 私は、考古学・心理学・言語学その他ここで言及されている学問を専門に学んだことがない素人であるが、私は、前著で思った違和感を今回も拭う事ができなかった。

    確かに、ある一定の事象は、「死にたくない」願望や不死への信仰に還元したり、月=水=子宮=蛇という性的なレトリックで表現したりすることは出来るかもしれない。しかし、考古学遺物の全てを、その説明で済ますのは、「傲慢」としか思えない。

    縄文人の世界観を、その二つで総て説明出来るのか?日々のヒトの行動の「契機」には、いろんな多様性があるのではないか。私は心理学のことはよくわからない。しかし、その二つから例えば、「愛」とか「憎しみ」の契機は出てくるのか?「夢」とか「笑い」とか「哀しみ」とか「食欲」とか、説明できるのか?縄文人にはそんなものは無いと言うのか?

    以上のことは、非合理的な思考の部類に入ると、私は思っているが、今回は7章でやっと合理的な思考との関係を説明している。しかし、充分とは思えなかった。確かに、今までの考古学は、合理的思考オンリーで説明してきたし、それへの反発があるのはわかる。しかし今回の説明だと、煮たきに使用する壺の合理的な一面と、性的な壺との関係が説明できないので、その「壺全体の説明」は、無いに等しい。じゃあ、煮たきにも使って、信仰の為にも存在した「壺」は、縄文人の日々の生活ではどのような位置つけだったのか、全然イメージがわかないのである。

    もしホントに全体像を表そうとするならば、私は語り伝えられた「物語」を再現するべきだと思う。例えば「やし酒飲み」(エイモス・チェツオーラ 土屋哲訳 岩波文庫)などを読むと、現代人類とは全く違う世界観が広がっているように思える。それに似た世界観が、縄文人にもあるとすれば、是非見せて欲しいと思うのである。

    2016年10月24日読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1950年北海道生まれ。札幌医科大学客員教授。日本人類学会評議員、日本考古学協会理事、北海道考古学会会長などを歴任。医学博士。
著書に、『対論・文明の原理を問う』(麗澤大学出版会、2011年、共著)、『月と蛇と縄文人』(寿郎社、2014年)、『縄文人の世界観』(国書刊行会、2016年)、『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか―墓と子宮の考古学』(国書刊行会、2017年)などがある。


「2017年 『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島直行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大島 直行
磯田 道史
高村 薫
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする