ぺったん! サンドイッチ (にじいろえほん)

著者 :
  • 小峰書店
3.89
  • (4)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338261142

作品紹介・あらすじ

おいしいサンドイッチをつくろう! ハム、トマト、バナナ…はさむよー、ぺったん! ページをめくると、サンドイッチのできあがり。読み聞かせにもぴったりの、たのしくて、おいしくて、うれしい、スキンシップ絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これもまた、美味しそうで、そしてとっても可愛い絵本でした。はさむよー、って言うと自分のほっぺを差し出す娘の悩殺ポーズに私は悶絶しております。まだまだサンドイッチは分解して食べるので(ノ∀`)チーズ、レタス、きゅうり、くらいしか挟めませんが、いつか色々ぎゅっとつまったサンドイッチ作ってあげたいなぁ。(2歳)

  • 2017.3

  • いろんなサンドイッチ。イラストもわかりやすい。
    さいごのほっぺサンドがお気に入り。

    C8793

  • 鈴木まもるさんの絵本は
    ほんと家族みんなで読みたくなるね^ ^

  • 「ぺったん」のところで、せーので一緒に言って手を合わせます。次のぺったんまで集中してくれるから、読み飽きないです。
    図書館に返してしまってからも「サンドウィッチはー?」と聞かれたりして印象に残るようです。

  • 1歳6カ月。
    大好きで何度も読むようせがまれます。ぺったん!できた!の所は口調をマネすることも。

    サンドイッチを作る機会が増えました。ピーナッツバターとジャムではさむバナナサンド、美味しかった!

  • サンドイッチが次頁ときっちり重なるところが、さすが鈴木さんんの絵の細かさだと思います。
    この絵本の前後に『パンパンパンやさん』の手遊び入れるといい感じでお話会ができました。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1952年 東京に生まれる。東京藝術大学美術学部工芸科中退。1986年より伊豆半島在住。画家・絵本作家・鳥の巣研究家。絵画活動と並行して鳥の巣の研究をしている。 主な絵本の仕事に、『せんろはつづく』『すすめ きゅうじょたい』(金の星社)、『みんなあかちゃんだった』『だっこ』(小峰書店)、『ピンポンバス』『おはよう!しゅうしゅうしゃ』(偕成社)、『だんろのまえで』(教育画劇)、『ウミガメものがたり』『わたり鳥』(童心社)、『いのちのふね』『つかまえた!』(講談社)などがある。 鳥の巣に関わる著書が、『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣コレクション』『ニワシドリのひみつ』 (岩崎書店)、『鳥の巣みつけた』(あすなろ書房)、『ぼくの鳥の巣絵日記』『鳥の巣いろいろ』『日本の鳥の巣図鑑 全259』(偕成社)、『世界655種 鳥と卵と巣大図鑑』(ブックマン社)などがある。

鈴木まもるの作品

ツイートする