生まれたままの私を

著者 : 加藤ミリヤ
  • 幻冬舎 (2011年9月22日発売)
2.62
  • (1)
  • (9)
  • (20)
  • (18)
  • (7)
  • 122人登録
  • 24レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020559

作品紹介

女性の裸を描き続けているヌード専門画家のミク。初めて開いた個展で、孤独を纒った美しい青年に出会う。この人が欲しい-彼をひと目見た瞬間、ミクの体内に始まりのサイレンが鳴り響く。ひとりの時間を愛し、絵を描くことで自分の存在する意味を探るミク。何度夜を重ねても心には触れさせてくれない、服飾デザイナーの恋人。腕に刻む小さなタトゥーに恋の願掛けをする、陽気な同性愛者の少年。キャリーバックを引き、繁華街を彷徨っては「神」を待つ家出少女。アーティスト・加藤ミリヤ初めての小説は、手なずけられない愛を巡る物語。

生まれたままの私をの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薄いので、二時間くらいで読み終わりました。

    歌の歌詞かと思ったら目次だった、あのアイディアはとてもよいと思った。

    ただ、どうしても彼女の歌のような、くるくる場面の移り変わる内容のように感じた。

    主人公ミクの作品は、まさにこの作品のことではないかと思う。
    万人には受けないが、心に訴えかけてくる孤独や暗い部分、審査員はそれが嫌だった。私も、それが嫌だった。

    彼女の唄に出てくる女性は細部は違えど、いずれも狂おしいほどの好きな気持ちを抱えている共通点を持っていると思うのだが、それも毎回だと、気持ちが重くなってしまう。

    恋愛の付き合い、人間の付き合いとも同じで、小説との付き合いも鬱陶しくなるものなんだと思った。

    私には、少しの物語も書けやしないけれど、率直な感想を述べさせてもらった。

    加藤ミリヤさんが、この作品に私が感じる重苦しい思いで病んでいないことを願う。

  • テレビで紹介されて手にした1冊だが、正直あまり心に響かなかったかな。ごめんなさい。

  • 暗い…
    自己愛の強い女の人の話

  • よくいえばリズム感のある言葉で溢れてる、
    悪く言えば携帯メールのような言葉や展開がところどころ気になった。
    超短文の連続で場面が変わるのは歌詞ならわかりやすいけど、
    ラストはもうすこし文章になっててほしかった。
    ただ加藤ミリヤ自身も「本を読まない私のファンにも読めるように」書いたと言うことなので、まあいっか。
    歌詞を書いてきて10年だそうです。小説を書く人としては今後に期待。

    こんなこといいながら基本的には歌手としての加藤ミリヤが大好きなので、
    今後の活動にどんな影響を与えてくのか、大きく期待。

  • ミュージシャン・加藤ミリヤの処女作。

    孤独なヌード画家の話。
    話自体は割と普通だけど、彼女自身の心情や世界観が反映されてると思うと楽しく読めた。


  • theミリヤ
    ミクの気持ちはすごくよくわかる

    271010

  • 途中で飽きた

  • ■ 1316.
    <読破期間>
    2013/1/31~2013/2/5

  • みんなそれぞれ
    孤独なんだね。
    なんか、しみじみ
    伝わってきました。

    自分が一番かわいいの。

    いきるって
    大変なことだ。


    加藤ミリヤは、
    加藤ミリヤだったよ。

    2012.12.16

  • 資料ID:21104112
    請求記号:

全24件中 1 - 10件を表示

生まれたままの私をのその他の作品

生まれたままの私を Kindle版 生まれたままの私を 加藤ミリヤ

加藤ミリヤの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
加藤 シゲアキ
東野 圭吾
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

生まれたままの私をはこんな本です

ツイートする