問題児 三木谷浩史の育ち方

著者 :
  • 幻冬舎
3.32
  • (3)
  • (13)
  • (11)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 135
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032514

作品紹介・あらすじ

平均以下の成績。有名私立中学退学。熱中したのはテニスだけ。教師を悩ませ、手をわずらわせ続けた子供。だが、その少年は日本を代表する実業家になった。少年は両親からどのような教育を受けてきたのか?前を向き続ける、くじけない心はいかに育まれたのか?そして、いま何を考え、どのように動いているのか?本人、両親、そして関係者への取材を経て、初めて綴られる実像。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人の生き方は人それぞれ。
    でも、偉人含め、過去の人の足跡から学べることは無限にあると思う。だからこそ歴史を学ぶ。「歴史は繰り返される」っていうように」

  • ・馬を水辺に連れて行くことはできるけど、無理やり水を飲ませることはできない。
    →子供の教育において、やりたくないことはやらなくていい。やりたい事をやらせる。地頭がいい子ならそのほうが伸びるだろう。

    ・リスクとは何だ?金や地位を失う事ではない。後悔する事ではないか。
    →金や地位に後ろ髪を引かれるな。
    後悔しないように生きろ。

  • 2020/05/07

  • 教育という部分にフォーカスを当てたということですが、全体的に統一感のない印象。特に子供時代、学生時代の話は、無理やり美談にさた感じがしました。
    その影響で、三木谷さんがご活躍されている起業後の話のボリュームが少なくなっており、経営者として、彼がどういう経験をして、日本を代表する経営者になったかは、内容不足感が否めません。

  • 走りながらも目的を考えて決めたら徹底的にやり抜く人なんだろう。それは学生時代の三木谷さんにも片鱗に見て取れ彼の成功はシンプル。問題児でありながらも発想が型破りではないのは常識ある学者肌の父親の影響なのかも。

  • 1

  • どんなに世の中が変わっても、普遍的なルールというものはある。
    「だから、要するに、どうやねん」、この問いかけを大事にしなければ、と強く思った。

  • もっと深い内容を期待していたのだが、
    決してエリートではありませんよ、ということぐらい。

  • 人に、出会いに恵まれている人だと思う。
    けれどもそれは、本人が魅力的だから、周りがほっとけなくて引き寄せられるんだろうね。

  • 親として参考にしたいところはありました。読み物としては面白かったです。。。

全16件中 1 - 10件を表示

山川健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
フィル・ナイト
佐々木 圭一
池井戸 潤
ブラッド・ストー...
リンダ グラット...
村上 世彰
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

問題児 三木谷浩史の育ち方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×