黄昏の囁き (ノン・ノベル)

著者 : 綾辻行人
  • 祥伝社 (1993年1月発売)
3.17
  • (2)
  • (9)
  • (34)
  • (1)
  • (2)
  • 118人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396204150

黄昏の囁き (ノン・ノベル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 囁きシリーズの中では一番ミステリ色を強めた作品だと思います。今作では日常から乖離した様な感覚や、ホラーの要素があまり見られず、シリーズ中では異色だという捉え方もできるかもしれません。ラストも余韻を残すものではなく、寧ろ清々しい感じがするのもちょっと意外。でも、怖さや不気味さを感じさせる雰囲気作りの巧みさは変わりなく楽しめました。

  • こちらはちょっと印象に残らない感じ。
    あとがきの有害図書狩りに当時を見た。
    今も昔も変わらんが。

  • 1998年12月16日読了。

  • 囁きシリーズ3作め。結構ハラハラしながら読んだし、犯人も意外やったけど、結末がいまひとつな感じ。占部さんはいいキャラやったな。

  • 未読

  • 犯人は意外だったけど面白くはなかった。

  • 意外な意外すぎる真相が拍子抜けでもあり。
    怖さは結構あったかもしれない。サーカスとかピエロってホラー要素ですよねっ(そうかな)。

全9件中 1 - 9件を表示

黄昏の囁き (ノン・ノベル)のその他の作品

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綾辻 行人
綾辻 行人
綾辻 行人
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏の囁き (ノン・ノベル)はこんな本です

ツイートする