YOUNG GOOD BOYFRIEND (on BLUEコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.31
  • (35)
  • (17)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 184
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396784188

作品紹介・あらすじ

ダーリン化する元生徒×幸せ絶頂すぎて悩むアラフォー教師
生徒×担任、“その後”の13年
言葉に言い尽くせないハッピーエンド。

高校教師の高津康作と、
元生徒の水沢譲。
お互い、ストーカーし合うほど
濃厚な恋心を持った2人は、
現在は恋人同士。
卒業式の後、生徒と先生では
なくなった彼らは一線を越え、
関係は少しずつ変化していった。
生意気な美少年だった水沢は
甘え上手のまっすぐなイケメン彼氏に。
対してヘタレ中年の高津は
“憧れ”の水沢と付き合う境遇に慣れず、
ハートは爆発しっぱなし。

そんな2人の13年に渡る
感動の年の差恋愛アルバム。

青春WストーカーBL[YOUNG BAD EDUCATION]
待望の続編!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幸せなシーンで涙が止まらないのは初めてです。花火のシーンと最終章は涙の腺が決壊します。宝物のような本です。大好き!!ベスト“尊い”カップルです。

  • 好き、愛しいとはこういうことだなと思いました。
    それを丁寧に優しく描いている作品。
    やっぱり時間の積み重ね方が凄く良いです。静かに胸に刺さる愛しさが愛しいというか。
    雨の日や音のない静寂な夜に読みたい。そんな落ちついた作品。
    もうね、ただただ愛しいんですよ。読み終わった感想が愛しいなの。
    前回の表題作のカプのみのお話です。
    例えば別れたりして辛い心情とかで切なくなって読んでて泣くことはありますけど、これは違うレベルで泣けます。
    だからって大きな展開があるとかではない。日常の1つ1つを丁寧に描いているからこそ、その幸せや愛しさに涙が溢れてしまう。
    何度も読み返してしまいます。
    5本の指に入る。

    ほんのちょっとだけ、初見では一箇所でもエッジが効いた部分が欲しかったかな。と思いましたが、いやいや、これはこの流れだから愛しいんだと、そうも思えました。
    が、何度も読み返すうち仕上がりに感嘆のため息が溢れます。よくぞここまで仕上げてくださったと感謝せずにはいられない。

  • 良質。どこまでも幸福。ありがとうの気持ち。

  • 何だか、前作の高校編よりすこぶる眩しい。
    あまりに普通の、けれど果てしないような幸せな二人をみた。

  • 久しぶりにキューンとしたねー。
    水沢君はマジ男前だな。
    先生可愛い、彼の為にも長生きしてね。

  • 20歳もの差のあるカップルの、くっついた後の話。年の差・年下攻・教師と生徒・ストーカー等、いくつもの目を惹く設定はあるけど、この本は設定の妙ではなく、直球でただの男性同士のカップルの姿を真摯に追ったお話でした。
    すごくすごく良かった。前作未読というイレギュラーな読み方も、そのことでこの本の魅力が損なわれることは全くなく、むしろ二人の過去の話を読みたいと思ったほど。
    受と攻が、互いに向けている好き好きオーラが、長い年月を経るに従って深い愛情へと昇華していく姿といったら…!普通な毎日を過ごしている人たちこそ愛おしく感じられるのはどうしてなんだろう。

  • 断然、こちらの続編の方が萌えました…!

    高校生から大学生、医者へとハイスペックに成長していく攻めくん。年を取るにつれて愛も重ねていき、なんとも最初に比べて穏やかな…。ラストの高校時代の二人がじーーーんときました。

  • 20歳。思いっきりの歳の差、教え子と高校教師。
    二人が付き合い出してからの話しですが、すれ違いなどもなくずっと両想い(先生が悩むところはありますが)幸せいっぱいな二人の十年の愛がたくさん!
    良いですね、こういうの幸せいっぱいなお話も。

  • スピンオフからが本番とのウワサは本当でした。付き合った水沢くんと先生の10年間を描いた物語。本当に尊くて幸せな気分になれます。

  • 高校教師と元生徒。年を重ねたカップルのハッピーエンドを読みたくて手に取ったけれど、あいにく前作を読んでないもので…。まぁ普通に読んで楽しめましたけど、馴れ初めを知ってるのと知らないのとではやっぱりこの年の差カップルへの思い入れも違うからもっと感動できたんだろうな

全14件中 1 - 10件を表示

YOUNG GOOD BOYFRIEND (on BLUEコミックス)のその他の作品

ダヨオの作品

ツイートする