ケガレの民俗誌―差別の文化的要因

著者 :
  • 人文書院
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409540510

作品紹介・あらすじ

被差別部落、性差別、非・常民の世界-日本民俗学が避けてきた穢れと差別のテーマに多方面から迫り、民俗誌作成のための基礎知識を提示。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クトゥルフシナリオ用に。面白かったです

  • ワークショップ「境界に遊ぶ」:“本日の一冊”本

  • 日本の社会における様々な「ケガレ」の扱いや由来を研究した本。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年、神奈川県生まれ。東京教育大学大学院日本史学博士課程修了。筑波大学教授などを歴任。著書に『ミロク信仰の研究』『民俗神道論』等多数。2000年逝去。

「2014年 『日本王権論 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケガレの民俗誌―差別の文化的要因のその他の作品

宮田登の作品

ツイートする