宮田登のおすすめランキング

プロフィール

1936-2000年。神奈川県に生まれる。東京教育大学文学部卒業。同大学大学院修了。筑波大学教授,神奈川大学教授などを歴任。筑波大学名誉教授。元日本民俗学会会長。文学博士。専攻は民俗学。民間信仰,都市民俗はじめ広汎なテーマで、歴史学等の周辺分野とも連携しながら業績をのこした。『日本の民俗学』『ミロク信仰の研究』など著作多数。

「2019年 『民俗学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田登のおすすめランキングのアイテム一覧

宮田登のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『民俗学への招待 (ちくま新書 64)』や『はじめての民俗学―怖さはどこからくるのか (ちくま学芸文庫)』や『妖怪の民俗学 (ちくま学芸文庫)』など宮田登の全185作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

民俗学への招待 (ちくま新書 64)

232
3.32
宮田登 1996年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・民俗学は、現代の人々の意識・行動を律するもの、「ささら」でいうところの持ち手部分を、伝承から明らかにしていくというユニークで興味深い学問分野。本書は様々... もっと読む

はじめての民俗学―怖さはどこからくるのか (ちくま学芸文庫)

198
2.68
宮田登 2012年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田舎暮らしの経験がなく合理的な考え方をする方だと思っていたが、歳とともに「不可思議」な物や現象、また「畏怖」の感情や人間の根源的感情に興味が引かれるように... もっと読む

妖怪の民俗学 (ちくま学芸文庫)

186
3.49
宮田登 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妖怪というより、うわさ話に近い題材を取り扱っている一冊。 非常に判りやすく、今まで民俗学の書籍を読んだことがない方にもお勧め出来そうです。 ただ、何故... もっと読む

ケガレの民俗誌 差別の文化的要因 (ちくま学芸文庫)

149
4.00
宮田登 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学をなぜ今学ぶのか、納得できる一冊。 副題で「差別の文化的要因」と書いてある通り、今なお存在する差別(人によっては差別とすら思っていないかもしれない... もっと読む

民俗学 (講談社学術文庫)

117
4.00
宮田登 2019年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館でなく、初めてかった宮田登さんの本。 著者は元 日本民俗学会会長。 前書きには民俗学をもっと学びたい人向けに教科書的な本の紹介をしている。 平田篤... もっと読む

日本異界絵巻 (ちくま文庫)

104
3.41
小松和彦 1999年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小松和彦、鎌田東二、宮田登の3人が「異界」をテーマに歴史上の人物や伝説の人物などを紹介する。後半は3人の対談形式で「異界」についてを紹介する。 全編を通し... もっと読む

神の民俗誌 (岩波新書)

82
3.45
宮田登 1979年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学の立場から、日本における神の信仰のありかたについて考察をおこなっている本です。 とりあげられている話題は多岐にわたっていますが、「穢れ」につい... もっと読む

歴史の中で語られてこなかったこと おんな・子供・老人からの「日本史」 (朝日文庫)

67
4.00
網野善彦 2020年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1997~98年にかけて行われた対談をまとめた第1部と、1982~95年にかけての5つの対談を収録した第2部とで構成。「百姓=農民ではない」や「女性=被抑... もっと読む

新版 歴史の中で語られてこなかったこと (歴史新書y)

66
3.92
網野善彦 2012年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本史を思考する際に中心的な位置を占める農業・農民(百姓)について、そこにばかり注目すると本来の日本社会を見失うのではないかという歴史学・民俗学からの視点... もっと読む

冠婚葬祭 (岩波新書)

59
3.67
宮田登 1999年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出産や成人、結婚、葬式など、人生の中で経験することになるさまざまな民族儀礼の概観をおこなうことで、日本人の霊魂観について考察している本です。 個人の... もっと読む

江戸のはやり神 (ちくま学芸文庫)

56
3.20
宮田登 1993年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『近世の流行神』 (評論社1972年刊) の増補 著者:宮田登 もっと読む

歴史の中で語られてこなかったこと―おんな・子供・老人からの「日本史」 (新書y (050))

48
3.75

感想・レビュー

知っているはずが 全く 知らなかった 解っているはずが 全く 解っていなかった どれだけ 偏向した「歴史」を「歴史」と 思いこんでいたのだろう ... もっと読む

日本王権論

46
3.54
網野善彦 2000年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 <メモ>  ・超越王権ができあがる時、ほとんどの場合外来思想に自己の正統性の根拠を依拠するというのは、日本に限らず普遍的に見られます。古代王権が依拠し... もっと読む

列島文化再考 (ちくま学芸文庫)

43
3.00
網野善彦 2015年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学者と歴史学者の対談集。 歴史学と民俗学はどういう違いがあるのか、歴史学と民俗学の間に大きな距離が生まれて待ったのは何故かの検討から始まり、地域史、... もっと読む

妖怪の民俗学―日本の見えない空間 (同時代ライブラリー)

37
2.89
宮田登 1990年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪談朗読会で紹介された本です。 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓ https://opc.kinjo-u.ac.jp/ もっと読む

季刊 怪(KWAI)第弐号 (カドカワムック)

37
3.14
荒俣宏 1998年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妖怪人類学フィールドワーク―メキシコ編 始皇帝の秘術―中国風水紀行メモ―荒俣宏 山村に隠された古儀 いざなぎ流「宅神祭」を見る―村上健司 鵼(ぬえ)の謎学... もっと読む

都市空間の怪異 (角川選書)

35
3.45
宮田登 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記録だけ   2009年度 12冊目      『都市空間の怪異』     宮田 登 著  株... もっと読む

日本歴史の中の被差別民

30
3.50

感想・レビュー

分類=被差別民。01年1月。 もっと読む
全185アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×