柳田国男のおすすめランキング

プロフィール

1875年兵庫県生まれ。農商務省勤務、貴族院書記官長を経て、1930年代以降は民俗学の著作に専念し、研究会や雑誌を主宰した。おもな著書に、『遠野物語』『木綿以前の事』『海上の道』など。1962年没。

「2021年 『葬送習俗事典 死穢の民俗学手帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳田国男のおすすめランキングのアイテム一覧

柳田国男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)』や『日本の昔話 (新潮文庫)』や『遠野物語・山の人生 (岩波文庫)』など柳田国男の全957作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

1664
3.67
柳田国男 2004年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この「遠野物語」は日本民俗学、開眼の書である。 岩手県遠野出身の小説家・民話蒐集家の佐々木鏡石が語った民話を、柳田國男が筆記、編纂した。 題目を見... もっと読む

日本の昔話 (新潮文庫)

1247
3.53

感想・レビュー

昔話はおそらく文盲であった農村の人々の口承によって生き永らえてきたのだと思う。そこには人々の知恵や警告などが表わされている。 今に生きる我々は口伝で物語が... もっと読む

遠野物語・山の人生 (岩波文庫)

978
3.78
柳田国男 1976年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠野物語:1910年(明治43年)。 日本民俗学の開拓者・柳田国男の代表作。陸中遠野郷(岩手県の遠野盆地近辺)に口承で伝わる民話を柳田が編纂したもので、本... もっと読む

遠野物語 (集英社文庫)

603
3.59
柳田国男 1991年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解釈じゃなく、後生に参照させるべくただ記録を残す、そのための民俗学、そこが大事というスタンスだったのだろうなと想像するんだけれど、それでも、ついつい解釈を... もっと読む

遠野物語 (新潮文庫)

406
3.43

感想・レビュー

関西外大図書館OPACのURLはこちら↓ https://opac1.kansaigaidai.ac.jp/webopac/BB00195051 もっと読む

日本の伝説 (新潮文庫)

358
3.18
柳田國男 1977年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻頭の「世におくる言葉」、「はしがき」に感動した。ひらがなをたっぷり使って活字でも流れるような文面。であります口調がこんなに柔らかいものになれるとは。ゆっ... もっと読む

口語訳 遠野物語 (河出文庫)

335
4.06
柳田国男 2014年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生時代に民俗学の講義を受けてからというもの、遠野物語や、各地に纏わる伝奇伝承を調べています。 こういった民俗学のはしりとなったのが、この遠野物語です。 ... もっと読む

禁忌習俗事典: タブーの民俗学手帳 (河出文庫)

266
4.00
柳田国男 2021年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

忌むもの多い。女性の月のものの嫌われっぷりがすごい。山に血の臭いをさせながら入ると獣に襲われやすいから、みたいなそれっぽい理由もあるんだろうけどそれにして... もっと読む

遠野物語

251
3.27
柳田国男 電子書籍 2013年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

列車は福島を過ぎて仙台に向かっているところです。 柳田国男のこの作品には口語訳版もあるようですが、オリジナル版を読みました。 文体が古いのは確... もっと読む

先祖の話 (角川ソフィア文庫)

161
3.69
柳田国男 2013年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書そのものが素晴らしいし、柳田も冴え渡っていて筆も乗っているのだけども、ただただ大塚英志の解説が素晴らしい。柳田の婉曲な反撥を喝破して解説できている。... もっと読む

遠野物語 (角川文庫)

159
3.50
柳田国男 1955年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠野に観光にいったので。大学で民俗学とかも習っていたのに、今さら読んだ。当時は各地に同じくらいたくさん不思議な話が残っていて、そこに初めて光を当てたのが柳... もっと読む

ざしきわらし (えほん遠野物語)

158
3.74
京極夏彦 2016年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

座敷わらしは十二、三歳くらいの子ども。男の子も女の子もいるみたい。ふたりの童女に去られた孫左衛門は何も悪いことをしてないなら気の毒だけど、去られる何かがあ... もっと読む

木綿以前の事 (岩波文庫)

154
3.37
柳田国男 1979年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠野物語集で有名な柳田国男の、日本人の生活様式の変化について書いたエッセイ集。 日本の伝統的な文化だと思われているが、実はどれも結構新しいんだぜ?といっ... もっと読む

日本の祭 (角川ソフィア文庫)

153
3.53
柳田国男 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100年前の1917年に東京大学で行われた講義が元になっている本。 祭から日本土着の民俗を探る。 もっと読む

新訂 妖怪談義 (角川ソフィア文庫)

150
3.48
柳田国男 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・「山男の家庭」に『天狗の陰間』についての記述有 もっと読む

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集14)

149
3.94
南方熊楠 2015年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「海上の道」柳田国男 柳田の最後の著書であり、様々な論議を呼んだこの論文を私は初めて読んだ。「日本人の祖先が、南方海上より流れ着いた人々であった」という論... もっと読む

毎日の言葉 (新潮文庫)

148
3.18
柳田国男 1993年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日何気なく使つてゐることばの成り立ちといふものを知るといふことには、その言葉が発せられたその心持といふものに触れることができる。ことばを正しい使ひ方とい... もっと読む

日本の昔話 (角川ソフィア文庫)

130
3.67
柳田国男 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国民的アニメ『まんが日本昔ばなし』を毎週見ていた私のような世代には、どれも聞いたことのあるようなお話で楽しめました。 もっと読む

山の人生 (角川ソフィア文庫)

126
3.50
柳田国男 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠野物語で見せた素朴な民話たちとは打って変わって、冷静に、科学的に怪異を分析していることに驚く もっと読む

日本の伝説 (角川ソフィア文庫)

122
3.44
柳田国男 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本昔話を子供の頃、よくテレビや絵本で見ていたが、ほとんどの話はハッピーエンドに終わる。それは子供の教育に良くないということで、「砂糖漬け」してしまってい... もっと読む
全957アイテム中 1 - 20件を表示

柳田国男に関連する談話室の質問

ツイートする
×