仁左衛門恋し

著者 : 小松成美
  • 世界文化社 (2002年7月1日発売)
3.64
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 17人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418025121

作品紹介

寡黙の人、仁左衛門が初めて明かす「死生観」。

仁左衛門恋しの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011.9.25読了。

    最近、観劇の機会が増えてきたので。上方歌舞伎復興までの道のりが印象深かった。

  • 「なんじゃ、こりゃ?」なのである。インタビューってのは
    聞く側がどれだけ少ない言葉で、相手から多くのことを引き
    出すことが出来るかが腕の見せ所。

    なのに、付け焼刃の知識でインタビューしているとしか思えない。
    ねぇ、小松さん、本当に歌舞伎の舞台を繰り返し観たことがあり
    ますかぁ?って聞きたくなる。

    孝夫時代からのファンであるが、あまりにも酷いインタビュアー
    に涙がこぼれるぜ。

    よくこんな聞き手での出版を許したな、仁左衛門さんも。人が
    好いんだろうな。

    関西歌舞伎から東京へ。関西と東京の違いだとか、2度の大病
    からの復活だとか。聞き様によってはもっと話を引き出せたはず。

    話のどこをとっても上っ面を撫でただけ。もっと突っ込まんかいっ!

    肝心のインタビューがダメダメなので、見どころは舞台写真のみ。
    こんなことならもうちょっと奮発して写真集を買えばよかった。
    とほほ。

    こんな本を買っちゃった自分にも、情けなくて泣けて来る。

  • 仁左衛門本は何冊か読んだが、基本を押さえて新しい。

  • 歌舞伎役者片岡仁左衛門<br>
    帯に書いてある<br>「僕は、みんなと同じようなスーツを
    着ていても、人ごみの中を同じ歩調で
    歩いていながら、
    それでも目を引けるような
    そんな役者になりたいな」<br>
    という言葉にくぅ〜。っときた。

  • お祖父さんになってもいい男です
    仁左衛門さんの人柄、魅力が満載です

全5件中 1 - 5件を表示

仁左衛門恋しのその他の作品

小松成美の作品

ツイートする