あしたはだれにあえるかな (おたんじょう月おめでとう―3月生まれ)

制作 : おくはら ゆめ 
  • 自由国民社 (2011年2月2日発売)
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426110536

あしたはだれにあえるかな (おたんじょう月おめでとう―3月生まれ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 別れと出逢い…それは 園児でも一緒!!ステキな出逢いを 願っていますm(__)m

  • 絵がかわいいです。
    単純な話ではあるけれど
    最後は少しウルッときます。
    6年生あたりに読み聞かせてみたいですね。

  • さあ、別れの季節。次は出会いの季節が…?

  • 月毎に出版された「おたんじょう月おめでとう」シリーズの3月版。
    お誕生月にあわせて、というコンセプトが面白い。
    内容は特にお誕生日を祝うではなく、その月に合った行事などが取り上げられる。
    裏表紙見返しに「○月はあなたにとってとくべつな月」と題して、その月の花・花言葉、石・石言葉、旧暦、行事、各国語での表現があり。

    3月のテーマは卒園式。
    何かの終わりは始まりにつながる、未来を思うことの幸せが描かれる。
    子どもには哲学的で難しい印象。
    その月の子を持つ親にいいかも。

  • これまで中川ひろたかさんの本は結構読んだのですが、この本で初めて絵本デビューが「さつまのおいも」で41歳になる年だったことを知りました。

    昔読んだ本を見返している時に「ながぐつちゃんと」を見つけて、「あ、このシリーズまだ読んでなかった」と思って借りてきた1~3月生まれの本。○月に関する本、という感じで各本に季節感と、本によっては中川さん特有の言葉遊びの要素があって、楽しめるシリーズです。

    また、○月生まれのための本、という配慮は裏表紙に。星座や誕生石、誕生花や旬の食べ物、くさばな、行事など、ちょっとした百科事典のようにその月の情報を凝縮して紹介しているので、小学生でも楽しめます。

全5件中 1 - 5件を表示

中川ひろたかの作品

あしたはだれにあえるかな (おたんじょう月おめでとう―3月生まれ)はこんな本です

ツイートする