ゲート 6―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS)

著者 :
  • アルファポリス
3.78
  • (6)
  • (20)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434202995

作品紹介・あらすじ

2015年TVアニメ化! シリーズ累計170万部突破! 超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第6弾! 自分のせいで父が死んだという罪悪感から逃れるため、伊丹を父と妄想するようになってしまったテュカ。彼女を救う手立ては、父の仇である炎龍を彼女自身の手で倒すしかない。しかし炎龍退治には多大な犠牲を覚悟する必要があった。葛藤の末、伊丹はついにある決断を下す。一方、アルヌス駐屯地では、ヴォーリアバニーのデリラが、拉致被害者の望月紀子を襲うという大事件が発生していた――

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エルフの娘の心が壊れそうになって炎竜退治に向かう話。
    柳田さんもやっぱりかっこよくなってて好き。
    キレタ後に謝れる大人って貴重よ。

  • 大好きな小説、
    自衛隊が主役のファンダジー小説のコミカライズ。
    帝政ローマもどきの国と
    ドラゴン、エルフとかが居る異世界と
    現代日本の銀座が繋がって自衛隊が出動、
    現在帝国と交戦状態なんだけど
    自衛隊は日本人だけじゃなく
    異世界の住人も守ってます(。+・`ω・´)キリッ。

    息子が⑥⑦と買ったので…。

    心を病んだチュカを救うため
    単独で炎竜退治を決めた伊丹。
    日本国民(伊丹二尉)を見殺しにする訳にはいかないと
    特地甲種害獣等(ドラゴン)の不測の事態に備え
    援護に向かう自衛隊。
    日本の講和を妨害しようとする敵の存在と、
    見どころ満載、やっぱり面白いわ (≧ω≦)b OK!!

  • ファンタジーRPGっぽくなってきた!
    ドラゴンの怖さが凄く伝わってくるのがスゴイ。現状の戦力で勝てるかが気になるなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、2010年4月、「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編」で出版デビュー。シリーズ累計500万部のミリオンセラーとなる。他に「氷風のクルッカ 雪の妖精と白い死神」(アルファポリス文庫)、「Walhalla《ワルハラ》-e戦場の戦争芸術-」(ブレイブ文庫)などがある。

「2020年 『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳内たくみの作品

ツイートする
×