原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

著者 :
  • 大和書房
3.27
  • (18)
  • (69)
  • (154)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 809
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479300731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んでいると、なんだか簡単に文章が書けるような気がしてきた。だけど、大事なことは実際に書いていくことで、書く経験の積み重ねが原稿用紙10枚を書く力につながるのだと思う。だから、これから少しずつ書いていこうと思う。

  • 社会人になり、研修終了後に論文を書いたり、企画書をつくったりと文章を書く機会が多くなった。
    原稿用紙10枚となるとなかなか抵抗感があるものである。

    この量を書くとなると、しっかりと構成をつくり書いていかないと、支離滅裂な何が言いたいのかわからない文章になってしまう。
    実際、過去に書いた論文を読み直してみると、同じようなことを何度も言ったり、順番がめちゃくちゃだったりである。

    この本を読んで、あまり自分の心にひっかかるものがあまりなかった。
    その中で、自分の経験と比較して今後に生かしていきたいと感じたのは「3の法則」

    関連のない3つのキーワードを図示して関係性を探していく。
    普段やってはいないものの、この方法で全体の構成を考えていき、文章を組み立てることが出来れば、長い文章もつくることができそうである。

    普段から、文章を書く練習は必要であろう。
    社会人として、恥ずかしくない文章を書くためにも「3の法則」を意識しながら文章を書いてみようと思う。

  • 1時間ぐらいでさっくり読めました。

    ○拾ったキーワード

    ・「書くこと」は公共的(パブリック)な行為になる
    ⇒"「 書く」ことの基本的な機能は、体験の意味、経験の意味を明かにすることである(…P.42)"と筆者がいうように、口でしゃべることと、文章で書くこととの本質的な役割が違ってくることが多い。
     例えば、しゃべる高位の場合、同じ「時間」や「場所」に自分と相手が存在することによって、その時の雰囲気やニュアンスを共有できる。だが、文章に起こしたことによって、その主張は「時間」や「場所」から切り離されるため、よほどうまく書かない限り伝えたいことを伝えるのは難しくなる。うむ、確かに。
     そして、「自分の立ち位置(ポジション)」を明確にしておくことが大事。誰に対して、どのようなことを、どんな立場から伝えたいか、を頭において書くべき。

    ・3つの法則
    ⇒著者がこの本で何度も主張していたのは「3つの法則」。例えば、児童に「運動会で心に残ったことを挙げさせる」場合、『3つ』のことを挙げさせる。1つに絞った場合、大体が同じ事柄を挙げて重複してしまう。だが、3つとなった場合、3つすべてが重複することは滅多似ない。要するに、「より自分に踏み込んできた」ことを3つ挙げることで、オリジナリティを出すことができる。また、3つの事柄をつなげたり、比べたりすることで、『構築力』が身につく。…落語の「三題噺」

    ・量より質をこなす
    ⇒最終的な結論として、結局のところここに落ちてくるのは何となくガッカリ感が否めない。本書で度々筆者がたとえ話で用いるのが、なにも訓練していない人が10キロを走ろうと思うと大変だが、すこしずつ力をつければなんのことはない 、ということ。小さな積み重ねが大事。自己肯定も大事。
    まぁ、こんな感じ。

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする