子どもが変わる接し方

著者 :
  • 東洋館出版社
4.24
  • (12)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 118
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784491029900

作品紹介・あらすじ

教師生活30年超、筑波大学附属小のプロ教師が「クラスをまとめる秘訣」を大公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本を読むまで、田中博史先生のことを微塵も知りませんでした(本当に情けない、、)。

    わたしは現在、初任者です。大学を出て1年目に講師(学級担任)を経て現在社会人2年目です。
    去年、退職した先輩(分掌などで死ぬほどお世話になった)の先生から貰った本です。

    「是非とも初任として読んで損ないよ!」と受け継いだ(?)本です。笑笑

    いざ読んでみると、とても読みやすくて内容も具体的な事例を挙げて書いてくださっているのでとても分かりやすいです!!!
    高学年ではなく、低学年でも還元して取り組めるものも沢山ありました。
    その中でも、とくに印象に残ったのが子ども同士のトラブル案件の時のこのフレーズ。

    『意地悪をしたり、トラブルを起こしたりする子に出会ったときは、社会に出て人間関係をつくるための練習に必要な人だと考えればいい。』

    です!!
    1年目のときに、「イザコザがあっても、大人が介入するのではなく子ども同士で解決させるよう働きかけよう」言っていた学年主任の先生の言葉がようやく理解できました。

    このご時世で見通しが立たない事もありますが、この期間をポジティブに捉えてたくさん勉強したいと思います!
    わたしと同じ状況・境遇の方、是非ともご一読ください!!!

  • 「点・線・面」の指導。
    出来ている教員、少ないかもしれません。

    自分の感覚としてやってきた指導が理屈になっている本です。中学生にも通じることが多いと思います。先生方にお薦めです。

  • 「この人良い先生だな!」って思われ信頼を勝ち取るためのコツが満載だった。
    小学校での実例が多かったけど、応用すれば高校でも活かせそうなことがたくさん。

  • 【概略】
     仕掛けて、待つ。そして、待つ。余白をしっかり作ることが自発という状態につながる。小学校での授業、一年間の担任受け持ちの間に、生徒達に大幅な変化をもたらす工夫とは?

    2020年01月07日 読了
    【書評】
     「子どもに教えるときに本当に必要なこと」に引き続き、田中博史さん2冊目。
     もう「子ども」という括りを取っ払って、チームリーダーとしてのコミュニケーションスキルとは?というタイトルに変えても通用するのじゃないかと思う。
     さらにこの本における記述で、「聞く力」についての描写で、パブリックスピーキング、とりわけスピーチに対する忘れがちな要素をズバッと突いているものがあるので紹介するね。
     (引用ここから)
    「聞く力」というのは、「人に正対する力」と言い換えてもいいでしょう。議論の場でも授業の中でも、自分の考えだけ言えばいいというものではなく、相手にきちんと向き合う中で、自分の考えを伝えていく必要がある。
     (引用ここまで)
     自分の伝えたいことを、ただただ自身のリズムで話してしまうのではなく、相手に自身の言葉が届いているのか?(理解されているのか?)相手の理解スピードを無視して話していないか?ということも、オーディエンスから抽出しなくてはならない大事な「聞く力」なんだよね。
     最近、自身に直接的な能力を高める考え方にプラスして、周囲に効果的に動いてもらう能力を高めたいという欲求と、それに対する面白さを感じつつある。そういった意味では、本当に参考になる本じゃないかなと。
     近い将来にまたこの本、ゆっくり読みたいな。

  • 適度な余白と必然性が、人をして考えさせるものであると考えられた。生徒たちが考える余白を事前に準備して、その後をやらせることで、自発的に進んで行けるのだと。

  • 黒崎先生に貸した。
    黒崎先生も自分で買ってくれた。

    子どもが動きたくなるための場を作る。

    仕掛けて、待って子どもがうごきだしたらほんの少しだけ背中を押す。

    クラスを育てるには、1人に絞って取り組んでみる。→もうちょいでなんとかなりそうな子

    けなげな分数
    頑なな小数

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1958年山口県生まれ。1982年山口大学教育学部卒業。2012年放送大学大学院にて人間発達科学の分野で修士号取得。現在、筑波大学付属小学校副校長。筑波大学非常勤講師。専門は算数教育、学級経営論、人間発達科学(心理学)。全国算数授業研究会会長・日本数学教育学会出版部幹事・学校図書教科書「小学校算数」監修委員。
主な著書として『子どもと接するときに本当にたいせつなこと』(キノブックス)『子どもが変わる接し方』『子どもが変わる授業』(いずれも東洋館出版社)『田中博史のおいしい算数授業レシピ』『田中博史の楽しくて力がつく算数授業55の知恵』『対話でつくる算数授業』『算数忍者シリーズ』(いずれも文溪堂)、他多数。

「2021年 『子どもの「困り方」に寄り添う算数授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中博史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田村 学
有田 和正
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもが変わる接し方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×