仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」

著者 :
  • PHP研究所
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569846675

作品紹介・あらすじ

残業ゼロで成果も高い人は、一体何をしているのか? 仕事のムリ・ムダ・ムラが激減する「正しい力の入れどころ」を徹底解説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さくさく読めました。
    具体的な仕事術については聞いたことがある内容が多かったからかもしれません。
    最も共感した部分は、「どの方法で人生を逆転させようと思っても唯一の道は勉強しかない」というところ。確かにその通りだと思います。
    目的があるから目標が生まれ期限が設定される。
    だからやるべき仕事を見極める。
    そういうことなんだと思いました。
    ひとつの仕事が終わるたびにデスクを綺麗に片付ける、という方法は是非実践してみたいと思います。

  • サクッと読み終えることの出来る本。
    基本的なことが書かれており、これを心掛ければ仕事が速くなる。
    期限を決める、5秒で動く、動きながら考える、細分化させる、他人に仕事を任せる、時給で考える、やらないことを決めること。

  • 作者は会社員、税理士、講師などマルチタスクの人。仕事を早くするコツなどが書いてある。朝の活用、自分の予定を優先する、期限を切って仕事する(ポモドーロテクニック)、6割で上司に確認する、やらないことを決める、自由な発想に制限を入れるなどなど。
    すでに他のビジネス書などで読み、実践していることも多いが、若手社員の自己啓発には良いのでは。本書にも書いてあるが、一冊のビジネス書から記憶できるのは10%程度。実践できることはもっと少ない。なので、繰り返し読むことも良いのでは

  •  重要な仕事は朝イチでしない。付箋は使ったらアカン。という他の仕事術本にはない紹介文が気になって読んでみたが、朝イチの話はその日にやることの整理とか、他の仕事術本でも書いている内容やったし、そもそもその朝イチの整理を仕事の1つにカウントするのは自分的にはちょっと違う気がする。付箋の話は確かにと思うことが多かった。全体的には他の本で書かれている内容とかぶるところが多かったが、仕事術の本は最近良く読んでるからそれはしゃあないと思う。著者は仕事を5つ掛け持ちできるのはこの仕事術を使っているからと書くが、確かにサラリーマンの残業はしてへんかもせんけど、普通のサラリーマンが仕事してる平日の9時5時は1つの仕事して、平日夜や休みの日に別の仕事をしてるんやったら何か違うよなと思う。

  • 2020/03丸善
    注力すべき仕事を見極め、その仕事を最速で片付ける能力。
    そうでない仕事は、うまく人に任せる能力。
    自分の時間は買えないけど、他人の時間は買える。
    できる人は15分あればカフェに入る?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

税理士、建設会社部長、時間管理コンサルタント

「2020年 『仕事が速い人は、「これ」しかやらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川和男の作品

ツイートする