うみのいきものかくれんぼ (これなあに? かたぬきえほん)

  • ポプラ社
3.91
  • (17)
  • (18)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 505
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591129548

作品紹介・あらすじ

うつくしい色と形で、いきものの名前をあてっこできる、うみのいきものがいっぱいのかたぬき絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • また読んであげたいと思います。

  • 児童センターで借りた

  • 水族館にいるような生き物を紹介していて、行った時に言葉と実物が結びつきそうで良かった。割とじっと見ている

  • 1歳。くだものかくれんぼをよく読んでいたし、水族館によく行くようになったので購入。オットセイのおうっおうっを覚えて言うようになったので笑ってしまう。

  • 読了

  • 1歳5ヶ月 好きな魚とかがわかりやすい絵であって、一人でもよく見てる。英語で色の読み聞かせもできる。


  • 1歳8ヶ月〜196。

  • 2y4m
    図書館で借りた

    たつのおとしご、えい、あしか以外は全部答えられた

  • 下の子と一緒に。ちょっと簡単かな、と思いましたが、大ハマり。あまりに楽しそうなので、切り絵の折り紙(切るのは大人)を買ってきて、シールを貼ったり、色を塗ったりして遊びました。ハサミも上手に使えるようになるといいな。

  • こどものほんさがし。いしかわこうじさんのしかけえほんのシリーズ。そこまで反応せず。(どうぶつとのりものはもっている)

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年千葉県市川市生まれ。絵本作家。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。 大学在学中よりイラストレーターとして活動。2006年「どうぶついろいろかくれんぼ」出版を機に絵本作家となる。主な作品に、かたぬき絵本シリーズ(ポプラ社) 、「たまごのえほん」 (童心社)、 「おめんです」シリーズ(偕成社)等。ユニークな発想と、暖かな色彩の造形で、芸術性とポピュラリティを両立した絵本を数多く生み出している。講演会やワークショップも、国内各地・海外で精力的に行なっている。

「2023年 『どんどんぱっ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしかわこうじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×