乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…11 特装版 (一迅社文庫アイリス)

著者 :
  • 一迅社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784758093910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 特捜版の本にバーコードないせいか、ブクログ感想が誰もいなかった。ISBN番号を直接打ち込んで検索すれば出てきますよ~って、登録者いないからこのコメントもあまりみられることないか。
    11巻はとても破滅フラっぽい、カタリナ取り巻きとの無意識たらし身悶え集でした。時々サラが悪の攻撃しかけるのに、カタリナは悪を出すのはミカンまでだけど、吸収は簡単にできちゃうから、攻撃スルー、そしてたらし攻撃で反撃。サラの陥落も近い。
    ニコルとのお話は読了後、即読み返してしまいました。ニコル、自覚してやってんのね。面白い。
    おまけの小冊子は王族4兄弟目線での語りでした。(破滅フラお得意の語り手変えての書き直しってヤツです)まあまあ面白かったから、お財布に余裕があれば特装版オススメします。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1984年、神奈川県生まれ。
製薬会社を経て、東京薬科大学薬学部に勤務。
博士(理学)。東京工業大学大学院にて取得。
薬剤師(北里大学薬学部卒業)。

「2020年 『身のまわりのありとあらゆるものを化学式で書いてみた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口悟の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×