ゾンビ日記 2 死の舞踏

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412711

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作『ゾンビ日記』が人間の生死についての問いかけだったとしたら、その答えとなるべき続編。無数の死者が街頭を徘徊する静かな終わりの世界で、正装して拳銃を手にした女が今日も交差点に立つ。毎日毎日死者を葬り続ける彼女の過去には、習慣にこだわりのある「あの男」の影が…。
    満を持して「女優」が登場し、表現がより映像的に感じられる。やっぱり監督押井守には女優が必要なのだ。さすがに犬までは出てこない…ある意味「仔犬」の物語ではあるとも言えるけど。前作に続いて押井守らしさは十分味わえる。

全1件中 1 - 1件を表示

押井守の作品

ツイートする