ディズニーの最強マニュアル

著者 :
  • かんき出版
3.45
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 71
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270209

作品紹介・あらすじ

数多くの企業にディズニー流の「仕組み」を伝えてきた著者が教える、最強のチームの作り方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オリエンタルランドのサービスについての本は多く出ていますが、この本もそんな中の一冊。
    参考になったのは「クロスコミュニケーション」。
    ゲストがいつ訪れても幸せな気分になれたり、
    現実を忘れられるのは、現場のキャスト全員が「ギブ・ハピネス」という理念を深く理解し、それに基づいて接客しているため。
    この「ギブ・ハピネス」をどう根付かせるか?実際には難しい課題です…

  • 1,ありがとうを言え
    2.作業だけはマニュアル浸透させろ
    3.師弟兄貴だ。コミュニケーションは質より量
    4.コミュの目的は正解ではなく共感。ファシを創れ
    5.現場見ろ
    まぁこんな感じ。あるあるだけどたまには読みたい

  • デューティーとミッションの関係性とそれぞれがどのように機能して、最高のサービスが生み出されているか良く理解できる。

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • 書かれていることの一つずつは、決して難しいことではない。でも、それらを組織の中で、機能させていこうとする時、なぜかうまくいかないことがある。自分に刺激を与えてくれたとともに、自組織への適用に対し可能性を感じさせてくれた。早速、デュティーを手順化することに取り組み始めた。

  • 理念に則ったマニュアルをつくるのである

全6件中 1 - 6件を表示

大住力の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×