黄小娥の易入門

著者 :
  • サンマーク出版
3.65
  • (3)
  • (10)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763195807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  かつてベストセラーとなった伝説の名著の復刻版。
     周易について分かりやすく解説されています。
     六十四卦の解説は、最後に黄師の占例が紹介されています。
     爻まで出さずに卦だけで見た占例です。
     卦本来の意味だけで解釈する占例も勉強になります。卦だけでも連想を広げていくと、かなり広く細かいところまで分かるものです。
      
    「山水蒙」の項目で、ヘッセ『ガラス玉遊戯』で、主人公が易の師匠に弟子入りするシーンが紹介されています。
     これは読まないといけないな。
      
     何とコラボ映画化もされたとか。
    『B・G物語 易入門』
     これは見たい。
       http://iching.seesaa.net/article/447531088.html

  • わかりやすいが、そもそも易経や占いに興味がないと辛い。

  • カッパブックス版を読んだことがあるのですが、著者の占いに対する姿勢が好きです。

  • 易の思想を具体例を用いて、分かりやすく解説している入門者向けの良本であると思う。

  • 入門としてわかりやすかったです。
    各交辞はないので、詳しく見たい時は他のと併用すると良いと思う。

  • 「目に見えないものを信じる」というのが最近のテーマ。
    易、というのはちょうどいい題材だろう。

    自分でも6枚硬貨があれば占える。
    本当か?というところもあるが、これはまた
    いかによく生きるか、安心して生きるか、の手助けと思えばいい。
    なかなか面白そうだから、蓄積してみたい。

  • 易は奥深く難しいです

  • 易は東洋占術の原点。九星気学も易から発生した占いだし、深見先生がいつも易の話をされるので、入門書として読んでみました。
    とても分かりやすく書かれていました。

    易は東洋の神秘ですねぇ。しみじみ感動しました。
    こんな素晴らしいものが、2000年以上も前にあったなんて、すごすぎます。

    「帝王の学問」として、古来中国の為政者や知識人にとって必読の書だったんですね。
    日本でも易経が「あたりまえの教養」だった時期もあるようですね。

    何度も繰り返し読んで、勉強していきたいと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

黄小娥の易入門のその他の作品

黄小娥の易入門 Kindle版 黄小娥の易入門 黄小娥

黄小娥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする