病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

著者 :
  • サンマーク出版
3.56
  • (97)
  • (114)
  • (231)
  • (20)
  • (12)
  • 本棚登録 :837
  • レビュー :161
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784643870466

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  おもしろくて仕方ない。ひっかかるところに印をつけるため付箋を片手に読んだのだが、ものすごいいきおいで減っていくのにびっくり。

    1.筋肉のフシギ
     たとえば、アメリカの高タンパク・高脂肪の食事を批判して(これじたいは批判されてもしょんないことと思うが)続く文章で、
    > たしかに、肉を食べなければ筋肉が育たないというのは、真っ赤
    >なウソです。これは自然界を見ればわかります。
    > 肉食動物の代表ライオンは、とても強いため、さぞかし立派な筋
    >肉をもっているのだろうと思いがちですが、実際には馬や鹿のよう
    >な草食動物のほうが、はるかに発達した筋肉を持っています。その
    >証拠に、ライオンや虎は、獲物を捕らえるとき長々と追いかけたり
    >はしません。彼らが得意とするのは、瞬発力を生かしたスピード勝
    >負です。これは持久力では、筋肉の発達した草食動物にかなわない
    >ことを彼ら自身が知っているからです。
     あのー。速筋繊維とか、遅筋繊維とかいうのは、医学の授業では習いませんか。人間で比べたら、「マラソン選手のほうが、100m走選手より、はるかに筋肉が発達している」と言っているのだけど、これ。

    2.日本人が太れない原因
     日本人がいくら太っても小錦にはなれない……ということの原因として、
    > 日本人があそこまで太れないのは、そこまでいく前に胃を悪くして
    >食べられなくなってしまうからです。
     つまり、この人の理論によると、外人力士に負けまいと体を大きくしようと「喰うのも仕事」とがんばっているお相撲サンはみんな胃を悪くしているということになりますね。
     体に脂肪をため込んでおける能力について、平均的な日本人が平均的なアメリカ人に劣るのはたしかだが、それが「胃を悪くする」ことが原因だというのは……。胃腸の丈夫さよりインスリンの分泌能力とかのほうがはるかに大きいと思うけどね。

    3.サプリメントと胃薬の違い
    > 日本人は胃の調子が悪いとすぐに胃薬を服用しますが、アメリカ人は胃薬
    >をあまり飲みません。彼らが飲むのはサプリメントの消化酵素です。
    「吾輩は猫である」にも登場する由緒正しき胃薬の成分「タカヂアスターゼ」(新三共胃腸薬の主成分)は1894年に高峰譲吉によって発見されたものですが、これはまぎれもなくでんぷんを分解する「消化酵素」ですがなにか。
     胃薬には制酸剤もあれば消化促進作用があるものもある。この箇所は胃薬=「制酸作用があるもの」だけという勘違いに導くように書かれていて、あきらかにフェアでない。

     いやまぁ最初の50ページもいかないうちにこの調子で。その後も、まぁ似たようなモノです。もちろん、著者は医師であるから、上記のようなツッコミは承知のうえで書かれているんだろう。この本は、重箱の隅つつきを楽しむ本ではなく、「そうそう、そのとおり! まえからそう思っていたんです!」という人が読むべきなんだろう。この本の示すとおりの生活を送れば、ある人はほんとに「病気にならない」かもしれない。でも、それはこの本のリクツが正しいことを示しているとは限らない、と思う。

     なによりフシギなのは、こんな本が100万部も売れたことだよなぁ……。
     うーん、『国家の品格』とだいぶ読者がかぶりそうな気がするなぁ……。

  • この本には強く影響された。
    新谷さんの持論であるというミラクル・エンザイムの話、特にこれに強く影響されたんだと思う。

    実践には難しい内容もあるけど、出来ることもあって、これって決めた1つのことだけでも実践し続ければ、何かしら良い結果が出るような気がする。

    健康にまつわること、ちょこちょこ知ってきた点の知識がこの本で1本の線に繋がった。なので私にはとても受け入れやすい内容だった。

    食前に果物を食べること。
    病気や疲労している時はむやみに食べないこと。

    結局この2点が実践できていることかな。
    他にも色々あるけど、徹底しているのはこの2点。
    それだけで体質がかなり改善されたことを実感出来ているから凄いんです。

    シリーズも数冊出てて、トータル3冊読みましたが、どれもお勧めです。

  • 1935年生まれ「新谷酵素」「胃腸内視鏡専門医として40年、一度も死亡診断書を書いたことがない」新谷先生の「病気にならない生き方」、2005.7発行です。胃相・腸相で健康状態がわかるそうです。胃相・腸相は食歴と生活習慣で決まるそうです。健康(長生き)は酵素を沢山含むフレッシュな食物を多くとり、酵素を消耗(酒・タバコ、大食、食品添加物、ストレス、医薬品など)しない生活を送ることとされています。植物性食品85%、動物性食品15%、そして肉より魚、魚より豆ですね。なお、ペットについても酵素が必要とのこと。ペットフードはドライも缶詰も加熱処理で酵素なし。酵素は考えずカロリーと栄養素の栄養学から作られていると。検討しなくてはいけませんね!

  • 2015.10.25

    胃腸内視鏡外科医の著者が臨床データから導き出した結論は、納得できるものですね……

    ・エンザイム(酵素)を多く含む食物がよい食物。新鮮で、化学肥料や農薬を使わずに育てられたもの。
    ・薬は基本的に「毒」
    ・牛乳などの乳製品は腸相を悪くする
    ・理想的な植物食と動物食のバランスは、85(穀物50、野菜や果物35):15。穀物は精製していないものを。
    →人間の歯のバランスから。肉を食べる犬歯1に対し、門歯と臼歯の7が植物を食べる歯なので。
    ・よく噛み、腹八分目を心がける。エンザイムをよりよく使うことができるのと同時に、未消化物が減って腸相が改善される。

  • ためになった

  • チェック項目12箇所。胃相・腸相にもっとも大きな影響を与えるのは、食歴と生活習慣です。人間の体はすべてつながっています、たとえば、歯が一本虫歯になっただけでも、その影響は体全体におよびます。タンニン酸を多く含むお茶(緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どくだみ茶、杜仲茶など)を常飲している人の胃を内視鏡で見ると、粘膜が薄くなる萎縮性変化が起きていることがよくあります、慢性の萎縮性変化、または萎縮性胃炎は、胃ガンになりやすくすることがわかっています。肉食動物の代表ライオンは、とても強いため、さぞかし立派な筋肉をもっているのだろうと思いがちですが、実際には馬や鹿のような草食動物のほうが、はるかに発達した筋肉をもっています、その証拠に、ライオンや虎は、獲物を捕らえるとき長々と追いかけたりはしません、彼らが得意とするのは、瞬発力を生かしたスピード勝負です。胃相・腸相の悪い人たちに共通していたのは、エンザイムを消耗する生活習慣でした、お酒やたばこの乗用、大食、食品添加物を含んだ食事、ストレスの多い生活環境、医薬品の使用、これらはすべてエンザイムを大量に消費する行為です。私は、胃の手術をした患者さんにも最初から普通食を提供します、普通食がよいのは「よくかむ」ことが必要だからです、よくかむことは唾液の分泌を促します、唾液の中には消化エンザイムが含まれており、かむことによってエンザイムと食物が混ざり合い、食物の分解がスムーズに進むので消化吸収がよくなります。市販の牛乳を母牛のお乳の代わりに子牛に飲ませると、その子牛は四、五日で死んでしまうそうです、エンザイムのない食物では命を養うことができないということでしょう。最近、ペットの病気が急増していますが、その原因も想像できます、ペットフードです、カロリーが足りていても、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪などの栄養が足りていても、エンザイムが含まれていなければ、生物は命を養うことはできません。油で調理したものは、酸化が非常に早く起こります、作ってから時間のたった揚ものは過酸化脂質の塊のようなものです、油はただでさえ体によくないのですから、調理してから時間のたった油ものは絶対に口にしないようにしましょう。人間に必要な油は、人工的に搾ったり抽出したりしたものを添加しなくても、脂肪分を含有した食物を自然の形のままとることで、必要量を充分にまかなうことができます、自然な形のままとは、穀物、豆類、ナッツや植物の種など、油の原料となるものを、そのまま丸ごと食べるということです。よい食材を選ぶ、よい水を選ぶ、規則正しい生活をする、薬は極力飲まない、そうした体によい習慣を受け継げば、子供はそれほど苦労をせずに健康を維持し続けることができます。太っている人はおなかがすいているから食べるのではなく、ビタミンやミネラルといった微量栄養素やエンザイムを求める体の飢餓感にせきたてられて食べているのです。

  • 牛乳は間違いだった。何をどう食べるかの習慣。よい水を。現状の医学、農業への疑問。血液の流れ、胃腸の流れ、尿の流れ、空気の流れ、気の流れ。命のシナリオに身をゆだねる。

  • 「数々の臨床実績による」と繰り返し書かれているし、それぞれの説明も一般人には納得しやすい話だった。が、科学的裏付けは確立しているのか?臨床から学会向けの理論に落とせないのか?気になった。

  • たしかに自然の法則に従えば、病気知らずなのかも知れない。動物には心筋梗塞とか脳卒中とかないからなー。やはり、人間は環境に見合った食事を取らないといけないと思った。

  • 病気になるかならないかは、自分の心がけ次第だ。この先も楽しい人生を送るために、健康に気をつけていこう。
    良い食材を選ぶ、良い水を選ぶ、規則正しい生活をする、薬は極力飲まない、そうした体に良い習慣を受け継げば、子供はそれほど苦労をせずに健康を維持しつづけることができる。

全161件中 1 - 10件を表示

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-のその他の作品

新谷弘実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
デール カーネギ...
白石 昌則
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
東野 圭吾
アレックス・ロビ...
宮部 みゆき
ジェームズ アレ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-はこんな本です

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-を本棚に登録しているひと

ツイートする