情報セキュリティ入門 第2版

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766420067

作品紹介・あらすじ

情報セキュリティの基本を分かりやすく解説する、好評第2版。利用が急増したスマートフォンのセキュリティに関する項目等を追加し、最新情報にアップデート。直感的に理解できるように図解を多数使用し、Q&A形式で分かりやすく解説。一般的なパソコン・携帯電話の利用者から企業の危機管離担当者まで、情報セキュリティ対策の概要が理解できる好適書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 和図書 548.96/H26
    資料ID 2013101370

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784766420067

  • 技術的な部分は全然踏み込んでないしグダグダ中途半端に足りない知識で書き込んでるだけなので読む必要はないと思われます

  • 閲覧室  007.6||ハム

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

羽室 英太郎
1958年京都府生まれ。1983年警察庁入庁。警察庁・管区警察局の情報通信関係部署、茨城・石川県警等で勤務。戦略物資輸出審査官(旧通産省)、警察通信研究センター教授の他、平成8年に発足した警察庁コンピュータ(ハイテク)犯罪捜査支援プロジェクト、警察庁情報管理課・旧技術対策課でサイバー犯罪に関する電磁的記録解析や捜査支援等を担当。警察庁サイバーテロ対策技術室長、警察情報通信学校情報管理教養部長、警察庁情報管理課長(警察庁CIO補佐官及び最高情報セキュリティアドバイザー)を経て2014年1月から警察庁情報技術解析課長。2010年12月から政府の「情報保全に関する検討委員会」における情報保全システムに関する有識者会議の委員も務めた。
主要著書として、『ハイテク犯罪捜査の基礎知識』(立花書房、2001年)、『サイバー犯罪・サイバーテロの攻撃手法と対策』(立花書房、2007年)他。

「2014年 『情報セキュリティ入門 第3版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽室英太郎の作品

ツイートする