プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法

著者 : 柴田純一
  • 現代書館 (1999年3月1日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768434130

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう一度読む。難しい仕事です…。

  • ・ケースワーカーとは、人に社会福祉の制度を適用する者
    ・ケースワーカーとは、自己決定を助ける者
    ・はじめに自己紹介すること、やさしい言葉を使うこと

    ・「ああ、この人は俺の話を聞いてくれる人なんだ」と相手が感じないと、個別化が始まらない。つまり援助に入っていくことができない。
    ・個別化しなくてはならない、個別化だけしてはならない。
    ・個別化に行き詰ったら、一般化で切り返す。


    <生活保護のケース記録>
     ①何でも書いておく(exe.TELあり、本人が事務所に医療券を取りにきた)
     ②曖昧なことは書かない
     ③余計なことは書かない(exe.その人の性格がどうとか)
     ④前任者と逆のことを書いてもいい

全2件中 1 - 2件を表示

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法のその他の作品

柴田純一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プロケースワーカー100の心得―福祉事務所・生活保護担当員の現場でしたたかに生き抜く法はこんな本です

ツイートする