マスターさんとどうぶつえん

制作 : こみや ゆう 
  • 好学社
3.61
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769022268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ローベルのえほん。どうぶつがかわいい。

  • サルを意図しただろう絵が気になりストーリーがいまひとつ頭に入ってきませんでした。サルらしいのは顔はオランウータンにしか見えない。なのに尾があって気持ち悪い。

  • マスターさんは、どうぶつえんが大好き。毎日どうぶつたちにあいにいきます。どうぶつたちもマスターさんが大好きですから、よるになって マスターさんとさよならするときには、とてもさびしくなりました。そこで、あるよる、どうぶつたちは、どうぶつえんをぬけだして、マスターさんにあいにいくことにしました…。
    マスターさんもどうぶつたちも、とにかくかわいい!めでたしめでたしのおはなしもとても素敵です。

  • 絵がやさしい
    こんなことがあったら素敵

  • 絵がとってもかわいくて、和む。どうぶつは、心の通うマスターさんには心を許していたのかなあ。

  • 動物大好きマスターさん!
    動物園の動物たちも大好きマスターさん!
    愛情が愉快な事件をおこしちゃう。

  • マスターさんと動物たちの愛…本当にお互いに大好きなんだな〜と思った

  • 飼育係見習い、私もなりたい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

アーノルド・ローベル(Arnold Lobel)
1933年5月22日 - 1987年12月4日
20世紀アメリカを代表する絵本作家。ロサンゼルス生まれ。病気がちで不幸な少年時代を過ごし、高校卒業後ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。本のイラストレーションを学ぶ。ポーランド生まれの絵本作家アニタ・ローベルと出会って結婚。ローベルが文、彼女が作画を担当した絵本『わたしの庭のバラの花』などを出版。「ふたりはともだち」でコルデコット賞次賞と全米図書賞、「ふたりはいっしょ」でニューベリー賞、「どうぶつものがたり」でコルデコット賞を受賞。他に「ふくろうくん」「おはなしばんざい」(以上文化出版局刊)など。1987年ニューヨークの病院で他界

アーノルド・ローベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・クラッセ...
A.トルストイ
ヨシタケ シンス...
キャロル・オーテ...
ヨシタケ シンス...
にしまき かやこ
tupera t...
モーリス・センダ...
ジョン・クラッセ...
ユリー・シュルヴ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
鈴木 のりたけ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする