公開性の根源—秘密政治の系譜学

著者 :
  • 太田出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778316006

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架 311.2A/O82k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ。南山大学外国語学部ドイツ学科准教授。専攻:現代ドイツ政治理論・政治思想史。著書:『正戦と内戦──カール・シュミットの国際秩序思想』(以文社),『統治新論──民主主義のマネジメント』(共著,太田出版),訳書:デュットマン『思惟の記憶──ハイデガーとアドルノについての試論』(月曜社)同『友愛と敵対──絶対的なものの政治学』(共訳,月曜社)など。

「2016年 『真理と正当化 哲学論文集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大竹弘二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
W.リップマン
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする