松浦寿輝詩集 (現代詩文庫)

著者 :
  • 思潮社
3.82
  • (4)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783708681

作品紹介・あらすじ

既刊詩集の全て、数多くの未刊詩篇を収録。主要詩論、クリティック、エッセイなどを収録。多彩な書き下し作品論、詩人論を併録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表層を追うのに精一杯。難しい単語や読めない漢字に何度も引っ掛かり、辞書を引きながら途切れ途切れ読んだせいもある。(再読のために調べた単語を全部付箋に記して貼っつけた)。そんな四苦八苦を強いられながらも、妖しく悍ましく美しいフレーズに何度も息を呑みドキドキした。突き放されては引き込まれることを繰り返し、気づけばぬめりとした湿地に足を取られ身動きできないような、囚われ感がすごい。にも拘らず感覚は別次元に冴え、冬の夜空の星の瞬きの美しさに思いを馳せたりしている。言葉の魔力。Mっ気のある人は要注意だ。(わたしだ)

  • 2009/12/19購入

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

一九五四年、東京都生まれ。詩人、小説家、批評家。八八年に詩集『冬の本』で高見順賞、九五年評論『エッフェル塔試論』で吉田秀和賞、二〇〇〇年小説『花腐し』で芥川賞、〇五年『半島』で読売文学賞、一五年『明治の表象空間』で毎日芸術賞、一七年『名誉と恍惚』で谷崎潤一郎賞を受賞するなど、縦横の活躍を続けている。

松浦寿輝の作品

ツイートする