世界ナンバー2列伝―史上最強・補佐役・宰相・顧問・右腕・番頭・黒幕・参謀

著者 :
  • 社会評論社
2.63
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784511174

作品紹介・あらすじ

サブリーダー武勇伝!序列2位ヒーロー大全!国の主を祭り上げ、実権を握って、進むべき国の針路を切り開いた、歴史のもう一人の主人公達。国家元首じゃないのに国を導いた、歴史の名脇役達76人。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分が無知なのだけれど、日本人以外の登場人物に関して
    ナンバー1についてすら知らない人が多かったので。。。

    その人物について知っている前提で語られるので、辛い。
    かと言って、これを機に調べよう、となる程人となりが紹介されているわけでもないので、魅力を伝えきれていない感が否めず。
    どんな人なのか、ちょこっとでも説明があれば。。。

    よって、日本人とコラムが面白かった。
    (といっても日本人70人中10人未満。。)

    ビクトリア女王の補佐役ディズレーリの
    「私はけっして否定しません。反駁も一切しません。ただ、ときどき忘れるだけです。」
    ナルホド。。。

  • 古今東西の元首やリーダーとナンバー2を紹介した本。ページ数に比べて紹介人数を詰め込み過ぎて、個々の記事が寂し過ぎる。例えばオクセンシェルナで、グスタフ=アドルフ死後の活躍に触れていないなど物足りない。

  • タイトルの通り、リーダーのもとで補佐、参謀、後ろ盾となって支えた歴史上の人物を紹介したもの。古代ローマや古代中国から近代日本まで、政治、軍事、経済の面で活躍したNo.2 の生き方、考え方、そしてリーダーとの決別、晩年の様子が手短にまとまっている。一人一人のストーリーがもっと詳細に語られると良かったが、それは個別の伝記を読むしかない。ただ、リーダーと違ってNo.2 の業績が後世まで語られることはあまり無い。これはその力を恐れたNo.1 が歴史を抹消しているケースが多いということも。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

山田昌弘の作品

ツイートする