偏見というまなざし―近代日本の感性 (青弓社ライブラリー)

著者 :
  • 青弓社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787231833

作品紹介・あらすじ

ヒステリー観の変遷、文学史における性と生、戦時雑誌の公共性、ポートレートとジェンダーの問題、感覚の抑圧と近代主義など、近代日本における感性の変遷を「偏見」をキーワードに読み解き、メディア論・文化研究の新しい視角を提示する刺激的な論考集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 論集です。佐藤(佐久間)りか「近代的視線と身体の発見」は、近代日本における身体観の変遷を写真を通してたどろうとしたもの。本書の中でいちばんおもしろく感じました。それから、市野川容孝「『障害者』差別に関する断想」は、短いながらも実体験を踏まえた説得力ある文章。「障害者」に対する「作為的無関心」によって覆い隠されてきた差別のまなざしを顕在化させ、意識化させるべきではないか、という話には、強くうなずきます。あと、正高信男「感覚の抑圧と近代主義」は、目新しいテーマではないものの、話のネタとしては便利な論考かも。(20071123)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

校訂

「2016年 『山田美妙集 第8巻 韻文/戯曲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坪井秀人の作品

ツイートする