現代文学理論―テクスト・読み・世界 (ワードマップ)

  • 新曜社
3.62
  • (7)
  • (11)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788505797

作品紹介・あらすじ

構造主義からコンピュータまで。現代思想の底流を形成し、世界の見方を挑発してやまぬ現代の文学理論。バフチン、ジュネット、バルト、クリステヴァ、ド・マンなどの理論とキイワードを手がかりに、読む楽しみをテクストから世界へ解き放つ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学を語る行為(書く事、読む事)への夢想がいやがうえにも高まる。個人的には文学生成に繋がるジュリア・クリステヴァの理論は魅力的に思えた。入門書にして議論の最前線。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784788505797

  • わかりやすい。フランス寄り。

  • 単行本(ソフトカバー): 286ページ
    出版社: 新曜社 (1996/11/29)
    言語 日本語
    ISBN-10: 4788505797
    ISBN-13: 978-4788505797
    発売日: 1996/11/29

  • 三人の著者が現代文学批評の概観を大雑把に詰め込んだ一冊。
    網羅的ではあるけど体系的な歴史を学ぶにはちょっとまとまりがない印象。
    こういう散漫さで現代文学の流れを体現してんだよと言われたら素直に拍手。

  • 10/10/10、ブックオフで購入。

  • ゼミのテキスト。

    文学理論の概説書。全34章で、重要と思われる項目に関してはほぼ網羅されていると思われる。しかし、一項目6〜8ページくらいで収めようとして無理やり詰め込んだ感は否めない。これを読んで興味を持った分野に関して、さらに参考文献を読み込むなどをしないとあまり意味はないかも。

    また、1996年出版のためポストコロニアル批評とか、新歴史主義の展開とか、最近の研究動向は拾えないので注意が必要。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

TOMONORI TSUCHIDA.
つちだ・とものり
千葉大学文学部教授。
1956年、長野県に生まれる。
1987年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程
単位取得退学。
現在、千葉大学大学院人文科学研究院教授。
専門はフランス文学・文学理論。
著書に、『現代文学理論』(共著、新曜社)、
『プルースト 反転するトポス』(新曜社)、
『間テクスト性の戦略』(夏目書房)、
『ポール・ド・マン――言語の不可能性、倫理の可能性』
(岩波書店)、
『現代思想のなかのプルースト』(法政大学出版局)ほか、
訳書にマーティン・マックィラン
『ポール・ド・マンの思想』(新曜社)、
ジャック・デリダ
『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』
(全2冊、共訳、岩波書店)、
ポール・ド・マン『読むことのアレゴリー』(岩波書店)、
バーバラ・ジョンソン『批評的差異
――読むことの現代的修辞に関する試論集』(法政大学出版局)
ほかがある。

「2018年 『ポール・ド・マンの戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土田知則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
谷崎 潤一郎
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
遠藤 周作
デイヴィッド ロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代文学理論―テクスト・読み・世界 (ワードマップ)に関連するまとめ

現代文学理論―テクスト・読み・世界 (ワードマップ)を本棚に登録しているひと

ツイートする