読者の台頭と文学者―イギリス一八世紀から一九世紀へ (SEKAISHISO SEMINAR)

制作 : 清水一嘉  小林英美 
  • 世界思想社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790713319

作品紹介・あらすじ

18世紀文学を支えたペイトロンの退場以後のロマン派文学における読書界を彩る人間模様や、イギリス近代出版の市場形成の過程を、具体的な文学現象を掘り起こしながら明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    18世紀文学を支えたペイトロンの退場以後のロマン派文学における読書界を彩る人間模様や、イギリス近代出版の市場形成の過程を、具体的な文学現象を掘り起こしながら明らかにする。

    [ 目次 ]
    第1章 作者あるいは出版者の孤独と不安(出版者の問題;作者の問題)
    第2章 新聞における「読者」―『モーニング・ポスト』を中心に
    第3章 イングランドの出版者と読者が果たした役割―国民小説『奔放なアイルランド娘』の誕生をめぐって
    第4章 読者と作家と出版者の共生―ジョアンナ・ベイリーの予約購読出版

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

読者の台頭と文学者―イギリス一八世紀から一九世紀へ (SEKAISHISO SEMINAR)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×