文庫 朝鮮開国と日清戦争 (草思社文庫)

著者 :
  • 草思社
5.00
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222299

作品紹介・あらすじ

日米が独立国と認め、日本はそのために戦ったにもかかわらず朝鮮は自らを改革できなかった。米アジア外交の視点を加え、日清戦争の解釈に新たなパラダイムを示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いや、大変に勉強になりました。
    朝鮮の開国から日清戦争に至り終結するまでの歴史について、著者の専門である「アメリカ近代史」の観点を加えることによって、こんなに(歴史認識における)風景が異なって来る…というとやや大袈裟にしても、少なくともいくつも新たな視点に気づかされるとは…。
    まさに外交は二国間関係で見てはダメで、多国間関係で捉えるべき。
    それにしても、つくづくこの著者…渡辺惣樹さんの博覧強記ぶりには驚きます。アメリカ近代史だけでなく、日本近代史に対する造詣も恐ろしく深い。
    「日本は当初から朝鮮半島に対して領土的野心を持って接していた」?…いやいやいや、まさか今どきまだそんな歴史観が一般的とは思いませんが、当時の日本、朝鮮、そして清国、アメリカ(を中心にロシア、フランス、イギリス、ドイツ)の状況を今一度よく理解するための必読書と思います。力作。

  • 日本がアメリカと協力して、朝鮮を清国から独立させ、近代化させようとしたのに対し、朝鮮はいつもどこかの国を頼るんですね。朝鮮は清国やロシアを頼って日本を排除しようとしますが、なぜなんだろうという真意が分かりませんでした。

  • アメリカからの視点が加わり、本書の内容により重厚感を醸し出している。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

渡辺 惣樹(わたなべ・そうき)
日米近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著書が高く評価される。『日米衝突の萌芽1898-1918』で第22回山本七平賞奨励賞を受賞。その他の著書に『日米衝突の根源1858-1908』『朝鮮開国と日清戦争』(以上、草思社)、『アメリカ民主党の崩壊』(PHP研究所)、『英国の闇 チャーチル』(ビジネス社)、『戦争を始めるのは誰か』『第二次世界大戦 アメリカの敗北』(以上、文藝春秋)。訳書に、ハーバート・フーバー『裏切られた自由』、チャールズ・カラン・タンシル『裏口からの参戦』、ハミルトン・フィッシュ『ルーズベルトの開戦責任』(以上、草思社)などがある。

「2020年 『文庫 誰が第二次世界大戦を起こしたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺惣樹の作品

ツイートする
×