吉本隆明全集19: 1982-1984 (第19巻)

著者 :
  • 晶文社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (681ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794971197

作品紹介・あらすじ

小説やCMから少女漫画まで、さまざまな作品を個々の作者ではなく「現在」という作者が生みだしたものとして論じる『マス・イメージ論』と、時期を接して生じた世界的な「反核」の動きを批判した「反核運動の思想批判」などを収める。単行本未収録6篇。第20回配本。
月報は小池昌代氏(詩人)、島亨氏(編集者)、ハルノ宵子氏(漫画家)が執筆。

著者プロフィール

1924(大正13)年、東京・月島生れ。2003(平成15)年、『夏目漱石を読む』で小林秀雄賞受賞。文学、社会、政治からテレビ、料理、ネコの世話まであらゆる事象を扱う「思想界の巨人」。主な著書に『吉本隆明全詩集』『共同幻想論』『ハイ・イメージ論』『なぜ、猫とつきあうのか』『日本人は思想したか』『親鸞』『超「戦争論」』『超恋愛論』『日本語のゆくえ』など。

「2020年 『ひきこもれ <新装版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉本隆明の作品

吉本隆明全集19: 1982-1984 (第19巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×