考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)

著者 :
  • 集英社インターナショナル
3.46
  • (7)
  • (17)
  • (19)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 216
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797672220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  今回取り上げる著者は、「思考の整理学」、「忘却の整理学」などの著書を出している。考えることについていろいろな側面から取り上げている。考えることがないと頭の中身がふやけてねじが緩んで取れてしまうからなあ。


     触媒思考では、「知識と経験の化合が新しい価値を生む」として、経験を軽く見るのは良くないとしている。近代以前は経験を積むことが重要とされていたが、知識に重きを置いた社会になってしまった。著者は、知識と経験をつなぐ役割を思考力に求めている。


     選択の判断力では、「人はなぜよく考えずに選択するのか?」として、選択力について取り上げている。選択と言えば、今月の前半に話題になっていたアメリカ大統領選挙が浮かんでくる。どちらの候補者も欠点がありどちらがよりましかとうレベルの選挙になってしまった。よく考えて選んだ人もいれば、事実とは違う情報がネットやメディアであふれていて、その情報に知らず知らずのうちにマインドコントロールされて投票した人もいるだろう。これから4年間でどういう結果になるか見えてくるかな。


     ものを考えるという行為は、程度の差があっても何かしらあるものだ。今日のランチメニューから引っ越し、家や車を買うといったことまで。頭の中身と身体を鍛えて健康な状態にしておくのが一番だ。

  • 触媒思考(インプットではなくアウトプット)
    選択力(判断力)は日常の生活で困難を強いられてきたえるものだが、現代は選択をするうえで表面だけを見て決めてしまいがちなこと
    日本人の曖昧さ
    二次的創造、二次的活動(服を作る、という一次的創造から、デザインという形の創造へ)
    などなど、この世の中の大きな流れを著者の観点で描いた本。

  • 球面思考
    触媒思考
    曖昧の美学
    言葉の数だけ論理がある
    二次的創造

    目次を見てほとんどすべてを思い出せるところがいい。

  • エッセイみたいな感じで、特に目新しさなし

  • コンセプトは「思考の整理学」とほぼ同様。それよりも少し新しいので、若干の具体的な例が入っていたりする感じ。(触媒やセレンディピティや二次創作)

    ただ「曖昧の美学」と「民族論理学」の章は面白かった。欧米文化と比較した、ハイコンテクストな文化ならではの、洗練された曖昧性の価値を見直すエッセイや、民族・言語それぞれの論理性などの切り口。

    全体的にさらっと読める。

  • 社会全体が貧しかった時代、この国の人は、まず自分たちがよって立つ共同体そのものを作り上げなければならないことを皆が自覚していた。自分の不利益を脇に置いてでも国や地域など全体の公益を考えて有権者は投票をしていた。政治家も私財を擲って公益に没頭していた。ところが昨今は大くの有権者が私益を最優先し、政策もみることなく投票している。有権者の判断力が低くなれば、多数決の民主主義である以上、政治はバラマキに堕する。多数派の利益追求が国力を衰退させてしまっているのだ。多くの民主主義国家が経済的には窮地に陥っている。民主主義の欠点については有識者であれば誰もが気付いているはず。だけど見て見ぬふりをしている。そんな中にあって、一人本書は怖いものなしの直言を吐く。挟雑を排し純然たる論考を貫く著者なればこそである。

  • 不用意に知識は増やさない方がよい、というのは納得し難いが思考の妨げになるという論は頷ける。思考のために適度な知識は必要であろう。

  • 知ることと考えることは別物。どう折り合いをつけるは自分次第。

  • 人間の思考において大切なことー多面的な視点、経験、選択の見極めー納得しながら読み進めました。また、日本語の曖昧な表現方法から説いた民俗論も興味深いところ。海外文学が建築的表現に対し、日本の俳句、短歌は彫刻的表現という指摘も面白かったです。

  • 読了。ローマ神話に登場する恋愛の神様キューピットは実は目が見えない。放つ恋の矢は闇雲に飛んでくる。ゆえに恋は盲目であり恋愛に理性的な判断は行われない。これは一例だけどそんな感じの話が続く。。。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2018年 『「考える頭」のつくり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)のその他の作品

外山滋比古の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
高野 和明
村上 春樹
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする