堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン

著者 :
  • 宝島社
4.00
  • (4)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800298386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プレゼンを控えてる人が見るとすごい勉強になると思う。
    プレゼンはライブであるっていうのはすごい納得した。
    ただ原稿を読むだけでは動画でみたり、スライドを見たりするだけでよくなってしまうので、ライブならではのやりとりや体験を提供できてこそ、プレゼンをやる価値があるのだなと勉強になった。

  • 『ニワトリをどう洗うか』は大企業でのビジネスのプレゼンであったが、本書はどちらかというと新規事業立ち上げのプレゼンの話。基本的なプレゼンに対する考え方はどの本も一緒だと思う。

  • この本を読んで私なりに学んだ一番のことは、
    【プレゼンはライブ体験。3分、3部構成で退屈させない】

    ・原稿丸読みならメールで良いし、一方的な発信なら動画視聴で良い。敢えてその場所・時間を取っているのは、ライブ体験として肌で感じ、質疑応答もできるから
    ・ポイントは3つにまとめ、導入・本題・まとめの3部構成。退屈させない
    ・自分を出して親しみを持ってもらう。自信を持って熱意あるプレゼンをする

  • ホリエモンにしては珍しい「実用書」。別にホリエモンならではの独自のアイデアがあるわけではなく、至極真っ当なプレゼン・資料作成スキルがコンパクトに説明されている。これは「本書がつまらない」ということが言いたいわけではなく、結局ホリエモンレベルの人であっても「基本に忠実に」やっているだけなんだなと言うことが学べる。

    特に印象に残ったのは、「何のためにプレゼンをするのか」という点。プレゼンはライブであり、参加者との生の対話に乏しく、ライブパフォーマンス(感触や匂い、味など)を示せないならば、メールや動画で済ませるべきだろってこと。

    果たして、私のプレゼンは「ライブ」できてるだろうか。まだまだ向上の余地があることに気づけました。

    ---

    具体性のないふわっとしたことを言われると冷める

    良いプレゼンを聞いた後に生まれるのは賞賛ではなく議論

    プレゼン下手でも応援したくなる人はいる

    ダラダラと冗長な文章が嫌いなので、短い言葉の中にできるだけたくさんの情報を詰め込みたい

    「お時間をとってすみません」はただの保険。守りに入る言動は要らない

    アナウンサーは手元にある原稿を読んでいるが、その目的は情報伝達にあり、視聴者に何かを訴えて共感を集めたいわけではない

    惰性でスライド用意するな。逆にスライドを見せることによって期待できることがあるなら徹底的にこだわれ

    スライド作成ツールはキーノート一択

    カッコいい写真1枚で全然変わることもある。肝心なところでお金をケチるな

    デザインが苦手な人はわざわざ勉強する必要ない。デザインをこねくり回す暇があるなら、プレゼンの場数を踏んだり、事業の魅力を磨け

    ショートカットで結果を出したいなら先駆者にならないほうがいい

    身だしなみ: 髭以外の全身の毛を脱毛、体臭対策としてデオドラントや香水を使い、口臭対策として口腔ケアで歯周病を予防

    毎日投稿を続けているとたまにバズったりして「何がウケるのか」が分かるようになる

  • プレゼンはあくまで目的達成の為の1ツールであり、それに捉われすぎて目的を失ってはいけない。

    ☆誰に伝えたいか。相手に一番効果的な話し方を考える。
    ☆プレゼン下手の特徴はとにかく、ダラダラ話す。
    ☆PowerPointはもう古い!これからはkeynote一択!
    ☆伝えたいことは3つ以内にまとめる。
    ☆伝えたいことは3分以内にまとめる。
    ☆論理的思考力は地道に日頃から言語にふれる事。
    ☆独創的なアイデアを生みたいならまずは真似してみる。
    ☆考えるより行動しろ!
    ☆質問が返って来たか否かでプレゼンの成功率がわかる。

    なるほど。
    女性は特に感情で話す生き物であり、
    論理的に話す事を不得意とする人が多いらしい。
    私も普段から感情論ばかり。どれだけ感情を込めた所で、話し方が下手で内容にまとまりがなければ、何も相手には伝わらない。
    ほりえもんのTwitterで私も伝わりやすい
    言葉選びの練習をしよう。

  • この本が一番伝えたいことは、プレゼンは相手を動かす手段であり、ゴールではないということ。
    僕がこの本を読む前、プレゼンの原稿は丸暗記し、何度も練習し完璧に伝えるのが良いと思っていた。
    しかし、これでは相手にしっかり伝えたいことを伝えることはできない。
    暗記するわけではなく、プレゼン内容をエキスパートになったつもりで完璧に理解し、要点をどんな場面でも相手と会話するように話すことが大切であると考えを改めさせられた。

  • 本の中には、プレゼンはテンポが大事だと書いてあったが、この本自体もテンポよく書かれているので30分で読了。とにかくシンプルな構成でわかりやすい。

  • プレゼンとは伝える力
    結果がすべて
    対面でしか伝わらないこと
    誰に伝えたいか
    何を言いたいのか
     ポイント3つまで

    シンプルにする
    お金よりも時間
    時間泥棒にならないように
    箇条書きで書き出す
    いいものはマネする
     人類はそうやって進歩してきた

    技術
     テクで70点はいく
    自信を持つ
    視線
    間をわざとあける
     大切なところで
    1人に対して話すように

    スライド
    キーノート
    ヒラギノ角ゴ
    一枚で何を伝えたいか
    素晴らしい写真には費用をかける

    共感
     we,me,now
    ダメだしから学ぶ
    外面は内面から表れる
    プレゼンから行動にうつす
    桃太郎のばあさん
     まず桃をキャッチする

  • 薄く字も大きく行間も広いが、本質的なことがたくさん書かれてあると思った。プレゼン初心者が一読する価値は大いにあり。重要なプレゼンを控えているので、購入決定。

  • プレゼンは場数を踏むことが大事であることが再認識できた。人は他人の失敗なんてすぐ忘れるのだから、恐れずトライしてみよう。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼンのその他の作品

堀江貴文の作品

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼンを本棚に登録しているひと

ツイートする