超訳孫子の兵法 (彩図社文庫)

著者 :
  • 彩図社
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784801302075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回はオーディブルで聞いたので、難しい原文の言葉とかよくわからない所もあったが、現代のビジネスなどの成功事例に当てはめて解説してくれて、わかりやすかった。
    一生懸命努力するだけではダメ→勝つ(成功する)可能性を大きくするために何をしなければいけないかわかった。
    ビジネス、スポーツの試合、ゲーム、勉強など全てに使える万能な考えだと思った。
    活字の本で詳しく勉強したいと思う。

  • ■目的
     2000年以上も参考とされる戦略書。これを参考にしながら様々な形に戦略思考が派生されているはずだが、その原点となり、どのビジネス書にも共通するエッセンスを持つ本書を読みたいと思った

    ■転用

    ■ポイント
    ・五事七計
    ・目標とすべき人を決め、その人と7つの計を比較せよ。足りないことを満たし、強みを磨け。

  • 知人のオススメで読んでみました。
    千年以上も前に書かれたとは思えないほど現代の私たちにも通じる内容で、スラスラ読み進めることができました。
    ビジネスマンなら一度は読んでみるべき本だと思います。

  • いままで読んだ孫子関連の本の中では一番。現代のビジネス事例に引き付けて説明されている点も◎。原文が掲載されていない点も思い切った構成だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2000年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論』『超訳 資本論』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』『超訳 韓非子―リーダーの教科書―』(全て小社刊)、『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。

「2020年 『ヒトラーの大衆扇動術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

許成準の作品

ツイートする
×