みず (かがくのとも傑作集)

  • 福音館書店
3.89
  • (7)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834003826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遊んでる空気感がよい。

  • [ 内容 ]
    水とたわむれる子どもたちを生き生きととらえた写真絵本。
    ホースからほとばしる水やクモの巣の水玉など、水の魅力が子どもたちをとりこにするでしょう。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 水のいろんな表情が味わえる。夏の暑い日に読むと、ひとときだけでも涼しくなるのでは・・・。水あそびが楽しくなる季節。でも、こわい面もちゃんと見せてくれる。冷たい、あったかい、涼しい、気持ちいい、楽しかったり、痛かったり、重かったり、ちょっと怖かったり、いろいろな感覚をいちいち呼び覚ませてくれる。こんな風に水と戯れる機会も少なくなったので、なんだか懐かしくなる。

  • 子どもって水遊び大好きですよね。夏にぴったりの本。

  • いろんなみず。
    最後がつららで涼しげ。

  • 2010/06/22 3-1
    2010/06/15 4-2
    2011/06/21 5-1

    2013/06/04 2-1
    2013/11/19 1-2

    2014/07/01 6-2

  • 水って写真に撮るとホントいろんな表情。
    水で遊ぶ子供もたくさん載ってて、夏に向かう頃にいい本かも。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

長谷川摂子(はせがわ せつこ)1944~2011島根県生まれ。東京大学大学院哲学科を中退後、公立保育園で保育士として6年間勤務した。その後、「赤門こども文庫」「おはなしくらぶ」主宰。絵本に『めっきらもっきら どおんどん』『きょだいな きょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『はちかづきひめ』『みず』『さくら』『きつねにょうぼう』『かさ さしてあげるね』『おじょらぽん』、童話に『人形の旅立ち』、著書に『子どもたちと絵本』『絵本が目をさますとき』(以上、福音館書店)などがある。

「2016年 『ぐやん よやん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川摂子の作品

ツイートする