余命1ヶ月の花嫁

  • マガジンハウス
3.83
  • (201)
  • (140)
  • (240)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 1025
レビュー : 273
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838718238

作品紹介・あらすじ

イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんとの診断をうけた。ちょうどそのころ赤須太郎さんから交際を申し込まれ、悩みに悩んだが「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタートした。しかし、がんの進行は止まらず、去年7月に乳房切除の手術をせざるをえなくなる。それでも治ると信じ、SEの資格を取り再就職し、次第に病気のことは忘れていった。ところが、今年3月、激しい咳と鋭い胸の痛みに襲われ、主治医の元に。胸膜、肺、骨にがんが転移していたのが判明。筆舌に尽くしがたい痛みとの闘い。そして、ついに千恵さんは…。最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられた24年の人生を生き抜いた長島千恵さんからのラスト・メッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読み上げるにはあまりに辛すぎる。
    生きていることの幸せ、時間の有限性、がんの恐ろしさ、闘病の辛さ、支えのあることの強さ。
    涙なしには読めません。
    乳がん検診、みんな受けよう。

  • 23歳という若さで乳ガンを発症し、24歳で亡くなった長島千恵さんを取材したTBSの記者が書いた、「いのち」について考えさせられるノンフィクション。

    千恵さんの乳ガンが発覚したのは、23歳のときだった。
    胸にしこりがあることは気づいていたけど、乳腺炎なんかだと軽く考えていて、病院で検査したときガンは7cmの大きさにまで膨らんでいた。

    そんなとき、後にガンと共に闘い、千恵さんや家族から本当の家族のように頼りにされることとなる太郎さんと出会う。

    千恵さんのガンは、抗がん剤で一旦は治ったかのように見えたが、たった2ヶ月で再発、その後の治療は、手の施しようもなくなり、緩和ケアに近いものになっていく。

    千恵さんの体調は日によって異なり、一日の中でもさっきまでニコニコしていたのに急変してしまうような不安定なものになっていった。そのころ、医師から家族への説明のなか、「月単位で考えてください。」と余命を宣告される。月単位とは、一定の期間をさすものではなく、あと数週間というほど短くもないが、あと数年とあほど長くもないというようなあいまいな表現。

    さらにその一週間後には、「急変の可能性あり。予後は週単位。」と宣告されてしまう。この場合の「予後」とは、「余命」のことで、週単位とは、あと数日の命というほど短くもないが、あと数ヵ月というほど長くもない。というもの。

    事実上の余命宣告を受けた家族は、千恵さんに伝えるかどうか迷いに迷うが、結局本人には余命を伝えないという決断をする。

    そんな限られた時間、千恵さんのやりたかったこと、したいことを全部叶えてあげようと家族や友人が行動を起こす中で、この本の出版のきっかけとなる取材依頼やウェディングドレスを着て撮影したいという希望にサプライズとして、結婚式のようなイベントが行われる。

    予後週単位の宣告を受けてから1ヶ月と3日後、千恵さんは静かに亡くなる。

    この本を読んで「命の大切さ」という月並みな言葉で表現することが失礼なほど、今普通に、幸せに生きていることへの感謝が沸いてきた。いくら人間の寿命から考えて、まだ若いとは言っても病気になる人は少なからずいて、交通事故や事件で突然命を失ってしまう人だって少なくない。自分の命、大切な人の命が今のまま長く続いてほしいことは当たり前だけど、それが当たり前のことではなく、奇跡的なことなんだと認識して、日々の中の些細なことにも幸せを感じられるような生き方をしていこうと強く感じた。

  • 小林麻央が進行性ガンと噂される中、読んでみた。
    内容は簡単に言うと、乳がんは乗り越えたけど、その後の転移したガンは食い止められずに亡くなった女性の話。

    本の後半は最後の1ヶ月、つまり「(治療を諦めた)余命1ヶ月のできごと」なんだけど、自分はそれ以前のガン告知から入院・治療、そして再発の部分が非常に気になった。

    月並みな表現ですが、ガンは受け入れるのも治療するのも、そして家族も(恋人も)大変だと感じた。
    何より再発危険性があるのが一番恐ろしい。

  • 明日を生きる奇跡。

  • 明日を迎えることは奇跡。

  • 2009/04/27 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • 泣く。

  • 配置場所:広呉図書
    資料ID:93086400
    請求記号:916||T

  • 実話らしい予想し得る展開をたたみかけてくる話。
    テレビの介入がある=事実をできるだけ感動させるようなエフェクトをいれている
    ということはしょうがないし
    事実は事実なんだろうけど作られた感動話感がしょうがなかった。
    健康ですごせる日常は感謝するべきだしどうすごすかは結局自分次第。
    この話に出会おうとそうじゃないだろうとこれを機に行動に移すか感動をうけたまま半日でいつも通りの変わらない時間の使い方をするのか人によりけり。
    映画の内容に関してはとりあえず、
    榮倉奈々の足が長い。
    もう少しなぜその人に惚れたか
    内面の良さを掘り出す場面がほしかった。
    太郎ちゃんの私服が理系のテキスト。
    パンダケーキはフォークを使わないのかと誰しも思ったところでしょう。

  • 愛する人が「あと一ヶ月の命」といわれたら
    あなたはどうしますか?

    号泣
    一気読み・・

    「みなさんに明日が来ることは奇跡です。
     それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけであふれています」

    この言葉は効きました。
    明日会社ヤダとかいってる私ってなんなんだろうって思う

全273件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
麒麟・田村裕
村上 春樹
東野 圭吾
有川 浩
東野 圭吾
東野 圭吾
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

余命1ヶ月の花嫁を本棚に登録しているひと

ツイートする